榎田ユウリの一覧

「榎田ユウリ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:榎田ユウリ(エダユウリ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:7月16日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

2000年『夏の塩』でデビュー。『妖奇庵夜話』(イラスト:中村 明日美子)、『カブキブ!』などの作品を手がける。

配信予定・最新刊

作品一覧

2021/01/22更新

ユーザーレビュー

  • 宮廷神官物語 一(角川文庫版)
    宦官・神官とくると、ついつい、いらぬ方向に考えが走ってしまうのですが(笑)
    しごくまっとうな内容でした。

    肉をこよなく愛する美貌の神官が、王の命で、悪しき心を見抜く眼を持つ「慧眼児」を捜すというお話。

    とても面白いです!
    特に鶏冠が、いい味だしてます。
    次巻は何が起こるのか。。。
    とても楽しみで...続きを読む
  • 宮廷神官物語 七(角川文庫版)
    量も少なく内容が難しくないので、さくさく読み進められました。気分転換にぴったりですね。
    これまでは一冊で完結したお話でしたが、今回はここからが面白くなるところ!って場面で終わりました。次が楽しみです。
  • 宮廷神官物語 一(角川文庫版)
    どこかで紹介を読んで。

    王と大神官がそれぞれ権力をもつ国。
    人の心の善悪を見抜く第三の目をもつ「慧眼児」を迎えに、
    神官が小さな村へ向かう。
    肉好きな神官が。

    肉好きで美しい神官、野生児のような村の子供、
    白い仔虎に宮廷武官の孫、
    女装で世を忍ぶ王子と警護官、
    登場人物が華やかで、まだまだ隠し玉...続きを読む
  • 宮廷神官物語 二(角川文庫版)
    宮廷神官物語、2冊目。
    架空の麗虎国が舞台のアジア風王朝ファンタジーです。

    若き宮廷神官の鶏冠は、慧眼児(えげんじ)を探しに行き、候補の天青をはるばる連れ帰りました。
    慧眼児とは、善悪を見抜く力がある存在。
    何とか慧眼児として認められた天青ですが、ふだんはただの田舎育ちの男の子。
    神官書生として、...続きを読む
  • カブキブ! 7
    基本的に一冊で完結してくれてるから、前巻を読んだのが年単位で昔になるけど、まあ、読めるか…、と、思って読み始めた結果、若干わからん部分があった。
    わからんことはない。著者の小説なので、読んでいるうちに
    「あ、そういうことがあったのね」
    と、思えるんやけど、著者に伝聞でこれまでのことを訊くより、自分で...続きを読む