妖奇庵夜話 人魚を喰らう者

妖奇庵夜話 人魚を喰らう者

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

妖怪のDNAを持つ人、妖人。妖人茶道家の洗足伊織は、明晰な頭脳で妖人にまつわる事件解決に一役買っている。そして妖人「人魚」の登録のある女性が誘拐されたことから、今回も警視庁に協力を要請され……。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ホラー
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川ホラー文庫
電子版発売日
2014年05月09日
紙の本の発売
2014年04月
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

妖奇庵夜話 人魚を喰らう者 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年09月13日

    このシリーズの、
    読み終わった後に心がズシリと重く暗くなる感じが好きです。

    お願いだから伊織のささやかな幸せを奪わないでほしい。
    伊織たちには幸せでいてほしいです。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    榎田さんの本面白いかも!作者買いしてみようかな〜〜

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月04日

    凄い終り方!!先が気になってしょうがない。人の心ってホントに弱い。誰かにちょっと押されたり、引かれたりしたらすぐにバランスを崩す。強い心を保てるのはきっと自分を信用して愛してくれる人がいるから。そんな人がいない事を考えたら・・・。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月29日

    新キャラ来たねぇ。 
    彼はこのままレギュラー化するのかな?

    家令とウスラバカ刑事を足して二で割って
    口が悪いのを添えた感じだし、すでに主従関係も構築されつつあるから、トラブルメーカーとして活躍できるか。

    妖人が絡んではいるけど、根本的には人の闇の部分が表面化して事件を起こしているから、似たような...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月09日

    妖人という人種を設定したことで人の業を上手く表現している作品だと思います
    実は次の作品も読み終わるところなのですが、次の作品は更にいいものに仕上がっています

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月19日

     人魚をめぐる物語。
     人魚というか、<血>か。

     どうして、日本の人魚はえぐいというか、…えぐいよな。
     って、本質が妖怪だからか。西洋のものは、妖精かなんかで、その辺の差なのかもしれない。

     依頼されたからというだけでなく、どんどん巻き込まれていく伊織は危険な目にあうのだが、それをどこか容認...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月14日

    妖キ庵シリーズ3作目。


    今回は『人魚』でした。
    所謂、伝説や昔話に出てくる「人魚」と、
    妖人「人魚」は違うという件がちょっとややこしかったです。


    そしてやっぱり、ちょっと切ない。

    このシリーズは、同じ妖怪物を扱っていても、
    ライトノベルと違ってワントーン暗めなのがいいです。
    伊織さんの周囲...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月27日

    今回も面白かった。妖奇庵第3弾。
    安心して「今回も面白い」と読めてうれしい限り。甲藤がうっとしいけど、新たなキャラとして定着するんだろうな。うーむ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月27日

    『人魚』として登録されていた女性の誘拐事件。妖人『人魚』と、とある島に伝わる人魚伝説を巡る、過去と現在の事件。それらが交錯したとき…

    今回は脇坂が少し活躍していて嬉しかったです。なんだかんだ伊織にも認められているようでよかった(笑)
    脇坂君、甲藤に負けるなー!

    青目の伊織への執着が恐ろしいです…...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月04日

    シリーズ3作目。

    人魚をめぐる事件ですが、根底には悲しくやるせない思いが潜んでいました。
    不老不死、アンチエイジングは錬金術同様魔物です。
    シリーズ通して、誰の視点で語られているのか謎のモノローグが織り交ぜられていて、推理心をそそられます。

    本筋意外での今回の私的見どころは、やっぱり脇坂と夷のお...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月03日

    伊織のまさかの一言で終わった‼︎
    続き気になる。。

    そして今刊は中村明日美子さん書き下ろしペーパーが付いていてテンションが上がったので星四つ。

    ちなみに夷を謎に長髪だと思い込んでいた私はペーパー二度見(笑)
    でも脇坂は超‼︎イメージ通りでした\(^ω^)/
    早く次刊出ないかなー‼︎

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています