「小山昇」おすすめ作品一覧

「小山昇」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:小山昇(コヤマノボル)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1948年
  • 出身地:日本 / 山梨県

東京経済大学経営学部卒。著書に『仕事ができる人の心得』、『「儲かる仕組み」をつくりなさい』、『社長! 儲けたいなら数字はココを見なくっちゃ!』、『朝30分の掃除から儲かる会社に変わる』などがある。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/12/06更新

ユーザーレビュー

  • 1日36万円のかばん持ち
    2016年37冊目
    社長が学ぶには他の会社の社長しかない。
    本書は社長に対して経営サポート事業をしている株式会社武蔵野の小山社長が著者。
    社長研修プログラムとして、3日間の社長のかばん持ちがある。
    なんとその値段108万円。それでも予約が殺到するそう。
    そのかばん持ちも朝6時のお迎えから21時頃の懇...続きを読む
  • 新卒採用力が会社の未来を決める!
    201809/

    採用に関する方針を定め、社員に周知徹底しました。経営計画書に毎年方針を記載しています。
    1)価値観を共有できる人を優先して採用する。
    2)現実・現場・現物を数多く体験させ、よいところ・悪いところを見せる。/

    平たく言えば「仕事ができる・できないよりも、気が合うか合わないかで採用を...続きを読む
  • 会社を絶対ダメにしない社長の「超」鉄則
    創業社長から事業を引き継ぐ2代目社長について示唆に富むアドバイスが書かれている良書。

    このターゲット層は多くはないと思うが、
    事業承継を行って中に入る者にはかなりためになることが書いてある。

    機会あるごとに読み返したいと思う!
  • 数字は人格―――できる人はどんな数字を見て、どこまで数字で判断しているか
    この手の書籍にしては実行出来そうで、気づく事が多かったように思う。根性論や思いだけでは経営は出来ない。いつかの時のメモを取ってみました。
  • 数字は人格―――できる人はどんな数字を見て、どこまで数字で判断しているか
    ダスキン事業を中心に増収増益を続ける株式会社武蔵野の代表取締役である小山昇さんの新作!!正に目からうろこの一冊でした!!社長の報酬(1億円)すら公開し、社員に数字の大切さを教える姿勢は共感が持てました。会社のありとあらゆる数字を公開することにより、社員一人一人に数字の大切さを考えさせることができるこ...続きを読む

特集