小山昇の一覧

「小山昇」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:小山昇(コヤマノボル)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1948年
  • 出身地:日本 / 山梨県

東京経済大学経営学部卒。著書に『仕事ができる人の心得』、『「儲かる仕組み」をつくりなさい』、『社長! 儲けたいなら数字はココを見なくっちゃ!』、『朝30分の掃除から儲かる会社に変わる』などがある。

値引き作品コーナー

作品一覧

2021/08/27更新

ユーザーレビュー

  • 99%の社長が知らない 会社の数字の使い方
    データドリブンは僕が目指している経営支援の形そのものだった。
    フリーを使ってAPI連携吐き出すなど構想中。

    参考になった箇所
    数字と事実に基づいて意思決定をしている
    誰もが使えるものを作る

    データドリブン勉強会を新入社員に担当させる
    データポータルの改善数を評価につなげる
    移動年計グラフを作る
    ...続きを読む
  • 社長はなぜ、あなたを幹部にしないのか? イエスマンこそが会社を救う
    勤めている自社の社長がこの本を読んでいるのかどうかは分かりませんが、驚く程思考・行動に共通項があり、また本書に書かれているその理由にも非常に納得でき落とし込めました。雲泥の差がある社長の行動・発言が理解出来ないと悩んだ時はこの本の内容を思い出して、その時自分の立場ではどうすべきかを考え、実際に自分の...続きを読む
  • 新版 経営計画は1冊の手帳にまとめなさい
    小山さんの仰ることはごもっとも。
    社員にはアレだコレだとやってくれと言うのに、社長は結果も目標も曖昧にして売上だ利益だと…それでは社員はついてこない。
    経営計画書をつくり持たせ使わせる、そうしたアイデアがある。
  • 儲ける社長の24時間365日 “常勝”のタイムマネジメント術
    経営のプロの1日は凄まじい。

    とにかく時間に厳しい。

    いかに自分が1日を無駄に過ごしているかが分かった。

    自分も将来成功する者として真似したいと思ったが、21時寝4時半起きや、タクシーでの送り迎えなどできないことは多い。

    そこで諦めるのではなくて、できるところから真似ていこうと思う。

    私が...続きを読む
  • 儲かる会社のコミュニケーションの鉄則
    実際の会社の社長としての仕組みを紹介。
    参考になった点をピックアップする。
    ①社長は、No.2と飲みに行って腹を割って話す
    ②頭を下げるのはただ。頭を下げる程、業績は上がる⤴️
    ③傾聴の4原則で聞く
    特に、相手を受容することが大切←社長になると忘れる

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!