「海堂尊」おすすめ作品一覧

「海堂尊」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

NEW
週刊文春 1月24日号

作品一覧

2019/01/21更新

ユーザーレビュー

  • ゴーゴーAi アカデミズム闘争4000日
    海堂尊のAiを推進する背景、理由、歴史を一堂に取りそろえた本。官僚と学会の偉い人との戦いは消耗するな。頭の硬い人たちや、利害が関係する人たちは。官僚の梯子外しは恐ろしい。著者の主張は、「死体はCTやMRIで撮影して、画像診断料を専門家の放射線科医にチキンと支払って、後で参照できるようにレポートを残し...続きを読む
  • 新装版 ブラックペアン1988
    この人のバチスタシリーズ、昔1冊だけ読みましたが(アリアドネの弾丸)
    あれは「続き物だった」ってことに気付いたので、読もうって気にならず。
    今回、ニノが主演でドラマ化するっていうんで
    半信半疑というか、あんまし期待せず読みました。

    …あの、良かったです…。

    期待しなかったのもあるかな、とは思いま...続きを読む
  • スリジエセンター1991
    失敗した…。
    文庫化の順番で読んでしまったが『スカラムーシュ・ムーン』よりも前にこっちが出版されてた。
    こっちを先に読むべきだった。

    まさに海堂尊の真骨頂というような、スピード感溢れる展開と張り巡らされる思惑、人を思う気持ちとそれを裏切らなければならない葛藤。

    これでやっと、空いていた穴が埋まっ...続きを読む
  • スリジエセンター1991
    海堂尊の作品はどれを読んでも繋がりがあって一本の幹の上を枝葉を広げながら展開しているようで大好きです。

    ブラックペアンはかつて読んだのですが、もう一度「ブラックペアン1988」を読みたくなりました。そしてそれにつづく「ブレイズメス1990」も。
  • ブレイズメス1990

    天才でユーモラス。
    ぶれない信念を持ってて
    絶対的なカリスマ医師。

    そんな天城のキャラクターがとてもとても好き!

    それに振り回される世良くんも好き笑。

    次の1冊でシリーズラストなんて寂しい…!