「鴻上尚史」おすすめ作品一覧

「鴻上尚史」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

9/25入荷
日本軍兵士の真実
300円(税込)
購入予約

作品一覧

2018/09/19更新

ユーザーレビュー

  • 不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか
    何回も出撃して生還した特攻兵、佐々木友次さんの、インタビューとノンフィクション。
    「命令を受けた側」の特攻兵のリアルな心境と、強い信念を持つ佐々木さんの気持ちが伝わってきます。
    「命令した側」の上官の、部下を殺す事が目的のような命令には、あきれてしまいました。
  • 不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか
    なぜか、どうしてか。

    事実と照らし合わせながら、いろいろな切り口で、「なぜ」を考え、論理的に解釈していくところに、歴史から学ぶことの大切さを感じました。

    戦争責任は、命令した側に大きな比重があると思ってましたが、それを動かしたのは、その他大勢でもあるというのが衝撃的でした。一人一人は、埋もれてい...続きを読む
  • 不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか
    命を犠牲にして勝つことに何の意味があるのか。大和魂とは何なのか。目的や結果ではなく行動自体が目的になってしまうこと、結果が全てで手段や犠牲や過程や道理は問わないことは違うようで共通していることが一つあると思う。それはどちらも冷静な思考が欠けていること。日本の現在にも通じる組織論についていろいろと考え...続きを読む
  • 不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか
    73回目の終戦記念日の夜から一気読み。友人から猛烈に推薦されて。前々から存在感放っていた新書だったけど、作者イメージとテーマに違和感あっての放置本でした。友人曰く、電通事件も日大タックル事件もこの時代から変わっていないじゃないか!ということでのオススメでしたが、確かに「命令した側」「命令を受けた側」...続きを読む
  • 不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか
    まさに本日は73回目の終戦記念日。著者が言うように『貴重な肉声が失われていることではありますが、同時に、冷静に「特攻」を考えられる時期が来たということです。』納得。
    合計9回の出撃命令を受けながら本人の生きて帰って来ると言う強い意志と運で生き抜いた『神風攻撃突撃隊』佐々木友次氏。
    彼の証言を元にした...続きを読む