「鴻上尚史」おすすめ作品一覧

「鴻上尚史」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/08/25更新

ユーザーレビュー

  • 赤塚不二夫生誕80年企画 バカ田大学講義録なのだ!
    内容はいたって真面目(と思える)。もっと凄まじい内容を想像したが、これかこれでよいと思う。バカを語っていることには間違いはないのだけれど。
  • 孤独と不安のレッスン
    単行本を手にしたのが、10年以上前だった気がします。
    単行本が出て、文庫化され、そして、電子書籍版もあるということは、
    この本に優れた価値がある証明になっています。

    孤独には2種類あって、「本当の孤独」と「嘘の孤独」があると著者は言います。
    一人でいるけど、ネットばかりやっているのは、「本当の孤独...続きを読む
  • クール・ジャパン!? 外国人が見たニッポン
    事例も、その反応も興味深い。その上で、日本スゲーみたいな浮かれた心情とは、スタンスを異とする著者だから、異文化理解、時代突破の示唆書として、深く読むことができる。

    話題の幅広さ、分析の鋭さの両面から見て、5つ星です。

    ・日本発:アイスコーヒー、ストレートパーマ、スーツケースに車輪。国力よりもこん...続きを読む
  • 孤独と不安のレッスン
    この本には人生を生きやすくする、たくさんのヒントが隠れている。
    まっすぐ自分と向き合うこと、
    傷ついても死にはしないこと。

    心の淀みを見透かされているような気分になった。
  • 孤独と不安のレッスン
    恐るべき名著。久しぶりに本を読んで本気で泣いた。哲学的でどこか淡々と詩的。孤独には「ニセモノの孤独」と「本物の孤独」があり一人になってもいい勇気さえあれば本物の孤独に触れることができるということ。孤独の価値を説いた本とも言える。人間はいくら傷ついても死なない、という文章には心が揺さぶられた。近年デジ...続きを読む