真実の言葉はいつも短い

真実の言葉はいつも短い

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「ただ一本、芝居を打てたことだけで、僕は満足していました。(中略)タバコの煙とシャボン玉と、広場と。(中略)残念なことに、この幸福を超える幸福を、僕はまだ経験してはいないのです」(本文より)。鴻上尚史の芝居の原点とは? その変遷は? 彼の作品はなぜ人の心を打つのか? 鴻上尚史と彼の演劇の全てが分かる、自選傑作エッセイ集!

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社知恵の森文庫
ページ数
361ページ
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

真実の言葉はいつも短い のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年06月07日

    はじめて、彼が書いたエッセイを読んだ。きっと、いろんな人と話すことが多い人なんだと思うし、人間が好きな人なんだろうと思う。面白い観点というよりは、まっとうな範囲の中にある、ふふっと笑えるユニークさを文章で表現しているように感じた。やっぱり言葉を扱う人は、現象を表す言葉を選ぶセンスがあるんだなと。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月04日

    早稲田劇研の様子が垣間見れるということで読み始めたのだけれど、鴻上さんの文章は私の感性にフィットするらしく、全体的にとても読みやすくて面白く、かつ笑いの中にズキンとくるようなメッセージが込められていて、出会えてよかった1冊。
    それにしても当時の劇研のなんとハードだったことか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    ラストの『あとがきにかえて(プロパガンダ・デイドリーム)』が本当に一見の価値有り。っていうか、読むのここだけでも良いよっていうくらいです笑。いや、それは他が面白くないんじゃなくて、この章が最も優れています(?)ということです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    鴻上氏の若いころのエッセイ集。劇作家・演出家の視点で日常・日本を見る、というスタンスは今も昔も変わっていない。業界を知りたい人は手に取ろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ダンナくんに借りたよ。短文エッセイのような空き時間にちょこちょこ読める本は、とても好きです。お芝居は見たことがあったけど本ははじめて。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年06月02日

    考え方の形式が自分と同じなのだといつも感じる。だから何を読んでもなんのストレスもなく脳に染み渡る。これは気持ちが良い。そして、まだこの先の思考があるはずだという感覚、これもいつも鴻上ものの読後にぶら下がっている。これですべて解ってはいないはずだ。まだ見ぬ先の地平が。このことは誰よりも作者が気がついて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています