今村翔吾のレビュー一覧

  • くらまし屋稼業
    面白かった…!息遣いも感じさせる描写やストーリー、どうやって「くらませる」のかなどなどとにかくグイグイ惹きつけられ一気にシリーズ読破。続き気になる作品!
  • じんかん
    圧倒的な筆力で引き込まれた。人は何のために生きるの
    か。今の政治家に読ませたい本だ。
    「ぼろ鳶組」シリーズも爽快だがスケールの大きさが違う。
  • じんかん
    直木賞こそ獲れなかったが・・・

    戦国時代の稀代の悪人として名を残す松永久秀に、新解釈を加えた作品。作者は近年多くの時代小説の秀作をハイペースで執筆する今村翔吾。

    織田信長が安土城の天守で、小姓に松永久秀について語っていくスタイル。謎の多い松永の前半生をミステリー仕立てで少しづつ明かしていく。狂言...続きを読む
  • じんかん
    歴史小説は、まだ初心者なので細かい所は難しく感じますが、とても読みやすく引き込まれました。

    今のこの時代からは想像がつかないくらい、混沌とした生きていくだけでも大変だった時代。
    戦っている人たちの誰もが、戦いのない世の中にしたいと思っている、そんな時代に悲哀を感じました。
    現代は、そんな人たちが作...続きを読む
  • じんかん
    本を読む手が止まらない。次のページを早く読みたいと終始思えた本。自分の最もお気に入りの本になった。
    九兵衛が、たった一つの目的を果たすために突き進む姿、そして人生とは何か?という問いをという突き詰めていく姿が深かった。
    そして、多聞丸、甚助、日夏、新五郎、元長、義興、信長、又九郎など、九兵衛を取り囲...続きを読む
  • じんかん
    九兵衛(松永弾正少弼久秀)の一生を描いた大河ドラマ。戦国の世を救うため、三好元長の「武士を残らず駆逐したい」という願いを実現するために三好家に仕える。改革は人を納得させる必要があり、その難しさは今も昔も変わらない。元長は志半ばに亡くなり、久秀が遺志を継ぐ。そして久秀も三好家や他の大名との間に挟まれて...続きを読む
  • 春はまだか くらまし屋稼業
    てらこや青義堂を読んでから主人公の過去を背負う強さと弱さ、仲間の心の繊細な描写に惹かれ読みました。最後は思わず題名と同じ深い意味に思わず泣ける江戸人情の素敵な作品でした
  • 童の神
    民の目を政治に向けさせない為に人を区分けする。大陸から渡って来た人や自分たちと違う生活をする者を蔑視させる。見かけの違いと共に、殊更忌むべきものとする情報操作によって。
    化け物ではなく同じ人間だという叫びが胸に迫る。桜暁丸たちの願いは叶っているのだろうか今の世で。

    思い出すのは「橋のない川」。少し...続きを読む
  • じんかん
    小姓の狩野又九郎が戦国の黎明期を駆け抜けた男、織田信長より伝え聞いたという形式の松永弾正久秀の一代記です。

    表題の<じんかん>とは人間という意味であり、人と人が織りなす間。つまりはこの世という意であるそうです。

    物語は九兵衛(久秀)の少年期より始まります。
    九兵衛は14歳弟の甚助は11歳の頃です...続きを読む
  • 童の神
    平安時代、運命の子として生まれた桜暁丸は、都から蔑まれていた童たちを率い、朝廷軍に決死の戦いを挑む。

     平安時代という馴染みのない時代や人物でしたが、魅力ある人物たちの活躍を読み進めているうちにすぐに物語に入り込む自分がいました。

     都から見た地方に住まう者たちの蔑まれた思いが熱量となっ...続きを読む
  • じんかん
    時代の統治者にとって不都合な人物ゆえに悪の看板を背負わされた松永弾正の評価が変わりつつある中での渾身の一作。
    私も鬼の形相の人物画を見たことはあるが、実際の弾正は見目麗しい端正な武士らしく、全編に彼の生き様が余す所なく描かれている。五百ページ超えの大作だが一気読みした。
  • じんかん

    人間とは

    人間とは何か?について深く考えさせられた。現代の人間にも十分当てはまる話で、コロナ禍の中、自分勝手な人々が多いと思っていたが、自分もまた見方を変えれば、勝手なのかもしれないと感じた。
    これからも考え続けなければいけない「じんかん」という世界を教わった。
    また、松永久秀の描写も一つの説だと思うが、最高...続きを読む
  • 八本目の槍
    羽柴秀吉の小姓たち、賤ヶ岳の七本槍のその後を描く。関ヶ原で破れた石田三成こと佐吉の先見性を仲間たちが語っていくスタイル。

    今をときめく時代小説作家今村翔吾。直木賞受賞の日も近いだろう。松永久秀を描いた「じんかん」が二度目の候補作となった。このタイミングでたまたま読んだのが本書。

    石田三成、加藤清...続きを読む
  • じんかん
    読後、すぐにwikiで松永久秀を調べてしまう。まさか信長に語らせる構成とは思わず、勝手な刷り込みも手伝って「信長ってそんな長々話す人だったっけ」と違和感があったのも事実。色々な描かれ方をする戦国武将だけれども、今村さんが描いた姿が事実であって欲しい、と思う。「八本目の槍」でも同じことを思った。天も神...続きを読む
  • 花歌の頃へ くらまし屋稼業
    掟。
    それは守るべきものとして定められている"とりきめ"。
    昔も今も、人の行為を前もって方向づける道標となる。
    自分なりの掟を課し、それに従う。
    元々自分で作ったものなのだから守るのも簡単…いや、人は自分に対しては甘くなりがちな生き物だ。
    「初めはこのくらい良かろうと少しの掟破りをするものさ。だが、...続きを読む
  • 冬晴れの花嫁 くらまし屋稼業
    シリーズ第5弾。
    今回くらますのは、江戸幕府の権力者、天下の老中・松平武元。
    「たった一日だけ姿をくらましたい」
    老中たっての願いを叶えるため、くらまし屋が立ち上がる。

    それにしても今回の依頼人はくらまし屋史上最も厄介な御仁なのかもしれない。
    常に大勢の家臣に見守られていて、付け入る隙もない。
    ...続きを読む
  • 秋暮の五人 くらまし屋稼業
    この終り方…まるで髙田郁先生ではないか!
    まさか最後のシーンでこの人が登場してくるとは…。
    続きが気になる〰️!

    第1弾から読み進め、これまで少しずつ疑問に思っていた数々のことが紐解かれ、それぞれの繋がりも明るみになったシリーズ第4弾。
    平九郎を中心に、赤也、七瀬、そして3人を陰で支える茂吉にお春...続きを読む
  • 夏の戻り船 くらまし屋稼業
    シリーズ第3弾。
    今回くらますのは元幕府の採薬使・阿部将翁。
    訳あって幕府に軟禁されている余命僅かな将翁は、最後にどうしても行きたい場所がある、という。
    老齢で重い病を抱えていても、その旅が例え己の寿命を縮めるものであっても、死を迎える前にどうしても辿り着きたい場所とは。

    紆余曲折の末、72年ぶり...続きを読む
  • 春はまだか くらまし屋稼業
    シリーズ第2弾。
    今回くらますのは、重い病に伏している故郷の母に一目逢いたいと願う11歳のお春。
    困窮する家族の暮らしを守るため、一人江戸のお店に奉公しているお春は、身勝手な男の自己保身により一人土蔵の中に閉じ込められる。
    そんな理不尽な罪をなすりつけられたお春をくらまし屋が救い出す。

    最後まで読...続きを読む
  • 春はまだか くらまし屋稼業
    内容(「BOOK」データベースより)
    日本橋「菖蒲屋」に奉公しているお春は、お店の土蔵にひとり閉じ込められていた。武州多摩にいる重篤の母に一目会いたいとお店を飛び出したのだが、飯田町で男たちに捕まり、連れ戻されたのだ。逃げている途中で風太という飛脚に出会い、追手に捕まる前に「田安稲荷」に、この紙を埋...続きを読む