税金を払わない巨大企業

税金を払わない巨大企業

作者名 :
通常価格 763円 (694円+税)
紙の本 [参考] 770円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

日本の法人税は本当に高いのか?
法人税が20%台まで下げられるのに、国民に負担を強いる消費税は、2017年には10%に上がる見込み。しかし、巨大企業が正しく納税すれば、消費増税分をはるかに上回る税収が得られるはずなのです。戦後間もなく国税庁に勤務し、その後は中央大学で税務会計学を創始、50年以上税研究に身を捧げた著者による渾身のレポート。法人税38.1%の時期、驚くべき低負担率だった35社の企業名、そのカラクリも明かされます。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経済
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春新書
ページ数
192ページ
電子版発売日
2014年12月26日
紙の本の発売
2014年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

税金を払わない巨大企業 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年11月29日

    今週(2014.11)は忙しくて本を一冊しか読破できなかったのですが、この一冊はかなり衝撃的な内容でした。

    日本の法人税は諸外国と比較して40%程度とかなり高いと認識していた私ですが、実際に日本を代表する大企業の納税額は利益と比較して異様に低い企業が多いという事実です。そのような企業がさらに法人税...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月28日

    これは非常に興味深い内容で、今の日本の仕組みの矛盾点を考えさせられました。 日本のエスタブリッシュメントは、政治家、官僚、大企業だということが改めて理解できました。。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月17日

    自分用キーワード
    消費税法 法人税の仕組み(実効税率/実行税負担率) カリフォルニア州(法人税が高い) タックス・イロージョン 外国税額控除制度 外国子会社配当益金不算入制度 受取配当金益金不算入制度 移転価格税制 資本金階級別法人税平均実効負担率 法人株主の比率 租税特別措置法 土地転がし 移転価...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月01日

    ソフトバンクやユニクロそしてメガバンクとなった銀行などがいかに税金を納めていないかを追求している。
    会計の知識はほとんどないので詳しいところはわからないが、税制の不備(国際的な税制も含めて)であることは間違いないだろう。
    インターネットの書評では最新の税務会計をわかっていないトンデモ本だというものも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月25日

    著名な税務会計学者がアベノミクス下の巨大企業優遇税制を批判。論拠には偏りがあるが、よく議論されるべき大きなテーマとして考えさせられる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年12月13日

    税に関するエキスパートな著者による、大企業が適切な税金を納めていないことと、その理由を記した本。
    実効税負担率が何故低いのか、日本の財政健全化のための解説と提言が比較的分かり易く書かれている。
    節税した具体的企業名と具体的手法が書かれており、A社B社とボカすことはしていない。ここに著者の強い意思を感...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月13日

    巨大企業の減税措置(配当金の益金不算入や優遇税制)に詳しい。富裕層が源泉分離課税で実質的な所得税率が下がっていたことも発見だった。徒に租税は正義だとする考え方には大きな疑問。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月25日

    世界的な法人税率の引き下げの流れにあるのは、それをしないとグローバル企業に奪われてしまうから、という消極的な理由だけではないように見える。
    そもそも法人は自然人とは異なり実態がないのだからそこに課税するのはおかしい。企業活動の果実が個人に落ちてきたときにそこに課税するのが筋だ、という論理があるのでは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月11日

    「大企業」が不当に利益を得る一方で、「庶民」が犠牲になっているという、一種のアジテーションのような論調であることや、持ち株会社の実行税負担率が低いのは当たり前ではないのかというように内容に若干の疑義があることから、本書に全面的に賛同することはできないが、法人税制は法定正味税率よりも実効税負担率が重要...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月14日

    大手の実効税負担率の低さを指摘。
    本当なら許せないが、その辺の知識がないので何とも言えない・・・(汗

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています