「伊丹敬之」おすすめ作品一覧

「伊丹敬之」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/01/12更新

ユーザーレビュー

  • 場の論理とマネジメント
    トップダウンによる指揮命令系統だけでは、組織は動かない。これを動きださせるような組織文化の醸造が必要で、私の理解では、これを「場」と呼ぶ。この場は、定義から明らかなようにトップダウンではなく、ボトムアップ的アプローチである。しかも、創発的にしかつくれないことも明らかだろう。これをトップからマネージメ...続きを読む
  • 技術を武器にする経営--日本企業に必要なMOTとは何か
    『そんな技術の神話を超えるためには、技術の持つ意味、技術がもたらす価値を素朴に考えることである。神話でなく現実を見る素朴な観察眼を持ち、技術者のプライドではなく顧客が望むものをきちんと考えることである。その素朴な第一歩が、思考停止から抜け出す道の始まりである。

    技術は、顧客の望むものを提供するため...続きを読む
  • 経済を見る眼―ビジネス現場で役立つ
    2017年はなかなかいい本と巡り合えているような感じが
    します。久しぶりの伊丹氏の本。今回は経済ではありますが
    経済学というよりも、教養としての経済。経営としての
    経済。哲学としての経済。人間学としての経済というところ
    がよくわかる内容だと思います。
    自己啓発系よりも仕事に対して非常に有意なTIPS...続きを読む
  • 経営を見る眼 日々の仕事の意味を知るための経営入門
    組織人は、意図する・せざるに関わらず、日々の仕事の中で何らかの形で「経営」に参加している。その「経営」を、どのような切り口で見て、どのように考えたらよいのかを平易な言葉で説いた名著である。
    特に見せる人には見え、見えない人には見えない「見えざる資産」が戦略の優越の大きな原因になる、という部分は必見で...続きを読む
  • 経営を見る眼 日々の仕事の意味を知るための経営入門
    経営とは何かをてっとり早く大づかみで知りたいときに最初におすすめしたいのがこれです。とても読みやすくタメになります。 和田

特集