「越前敏弥」おすすめ作品一覧

「越前敏弥」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:越前敏弥(エチゼントシヤ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1961年
  • 出身地:日本 / 石川県

東京大学卒。ミステリー小説の翻訳を多く手がけている。また、翻訳ミステリー大賞の創設に携わっている。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2018/06/15更新

ユーザーレビュー

  • オリジン 下
    ラングドンシリーズの第5作目。
    これも面白い!
    われわれはどこからきたのか?
    われわれはどこにいくのか?
    エドモンド カーシュが、この2つの大きな問いの答えを導き出し、それを世界に向けて発表する直前で暗殺された。ラングドン教授とアンブラ館長が、人工知能ウィンストンの助けを借りながら、カーシュの答えを...続きを読む
  • インフェルノ(下)
    インフェルノは、ラングドンシリーズにしては珍しく、最初から物語が展開し続けるタイプで、「上・中巻はつまらない」現象が発生しなかった。
    その分下巻への期待が高まっていたのだが、期待値の高さゆえなのか、ラストがぱっとしなかった。
    「インフェルノ」はばらまかれてしまったけれど、シエナは逃亡の日々に幕を下ろ...続きを読む
  • 天使と悪魔(上)
    シリーズを通して読んでみたいと思い、
    ラングドンシリーズ第1弾上巻を再読しました。
     
    16世紀に創設された科学者たちの秘密結社
    『イルミナティ』。
    死体の胸にそのマークが焼き印として押されていた!
     
    既読なのにワクワクするこの展開。
     
    映画を観てがっかりした人は
    ぜひ小説版を読んでください。
  • オリジン 上
     正直導入部分からこうなるだろうなってことは予測できたけど、それでも十分に面白い。人類最大の謎は下巻になるので、意地悪な感じ(笑
  • オリジン 下
    今作もまた、ドキドキハラハラしながら楽しく読めました。
    今までずっとルネサンス期の絵画に着目されていたけれども、AIなどの発展に伴い、作品も近現代美術のものが出てきたり、と時代の変化を感じました。

    相変わらずあらゆる登場人物に猜疑心が募り、結局はラングドン教授と一緒になってまさか、の展開でした。あ...続きを読む

特集