ストーリー

ストーリー

作者名 :
通常価格 3,199円 (2,909円+税)
紙の本 [参考] 3,520円 (税込)
獲得ポイント

15pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ハリウッド関係者が全員読んでいるストーリーテリングの必読書であり、19カ国語で翻訳された物語創作のバイブル『Story(原題)』が新訳でついに刊行!
伝説的シナリオ教室の講師が、あなたの創作人生を変える!

ロバート・マッキーは30年間世界中を飛び回り、脚本家、小説家、劇作家、詩人、ドキュメンタリー作家、プロデューサー、演出家を育成してきた。受講生には数多くのアカデミー賞・エミー賞受賞者がおり、門下生にはピーター・ジャクソン監督やピクサーの脚本チームが名を連ねるなど、ハリウッドの脚本家たちにとってマッキーの講座は成功するための登竜門となっている。

この伝説的なセミナーの内容を一冊に凝縮した本書では、脚本家が学ばなければならないストーリーの普遍的な「型」を解説するとともに、キャラクター造形の方法、または物語に必須の「事件」の描き方とその設定の仕方を徹底的に掘り下げている。特に、読者が目から鱗が落ちるように感じるのは、これまでの「脚本術」ではストーリーとキャラクターは別々であるかのように扱われていたフシがあるのに対し、本書が「ストーリーの構造とキャラクターとは等しいものである」と強く主張する点ではないだろうか。さらに、ストーリーを創作する上で物語の内容にふさわしい「形式」をどのように与えるか(選択するか)ということを詳説している。

本書では、セミナーの内容をマッキーの熱弁のまま再現しており、その切れ味鋭い断言の数々は読む者に疑問を抱かせる余地はない。

本書で論じるのは原則であって、ルールではない。
本書で論じるのは永遠に変わらない普遍的な型であって、公式ではない。
本書で論じるのは元型(アーキタイプ)であって、紋切り型ではない。
本書で論じるのは綿密さであって、近道ではない。
本書で論じるのは現実であって、執筆にまつわる種明かしではない。
本書で論じるのは技術の習得であって、市場の予測ではない。
本書で論じるのは観客へのリスペクトであって、侮蔑ではない。

そして、読者にとって一番気にかかる不安にも断言している。

本書で論じるのは独創性であって、模倣ではない!

ストーリーに必要な「型」を学ぶことによって、真のオリジナリティを引き出す技術は、脚本家だけでなく、小説家、ジャーナリスト、ノンフィクション作家、あらゆるタイプのストーリーテリングに新たな視点を提示する至上の手助けとなるだろう。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / アニメ・芸能・ゲーム攻略本
出版社
フィルムアート社
ページ数
536ページ
電子版発売日
2019年05月24日
紙の本の発売
2018年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

ストーリー のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年04月28日

    圧巻。
    帯にあるとおり、まさにストーリー作りのバイブル。

    著者の知識量がすさまじく、そこから引き出される方法論に圧倒される。

    これを読めばストーリー作りが上達する、という簡単なものではないけど、ここが土台なのは間違いない。

    人前で話をする全ての人に読んでもらいたい。


    この本を手にとったきっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月14日

    もちろん、これを読んだからといってストーリーテラーの才能が開花するわけではない。でも、文章を書く仕事をしていると、なんでもいいからもっといいものが書けるようになりたくて、こういう本にも放浪したくなる。で、最後に、簡単じゃないねってことに気がつく。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年07月25日

    物語の創作を目指す人にはとても良い本だと思う。
    脚本を書くための理論を丁寧に解説してくれてるし、何より実例があるのでイメージしやすい。
    (ルールではなく原則、公式ではなく普遍的な型、紋切り型でなく元型が論じられているとのこと)
    ただ、私は映画ファンというわけでもなく、作品も知らないものが多くてピンと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています