「金原瑞人」おすすめ作品一覧

「金原瑞人」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:金原瑞人(カネハラミズヒト)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1954年11月29日
  • 出身地:日本 / 岡山県
  • 職業:大学教授、翻訳家

法政大学文学部英文学科卒。同大学院人文科学研究科英文学専攻修士課程修了。『地球を救おう』(ベティ・マイルズ)で産経児童出版文化賞を受賞。その他著書に『翻訳家じゃなくてカレー屋になるはずだった』、『大人になれないまま成熟するために 前略。「ぼく」としか言えないオジさんたちへ』などがある。また、訳書には『青空のむこう』(アレックス・シアラー)、『月と六ペンス』(サマセット モーム)などがある。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/08/18更新

ユーザーレビュー

  • 天才たちの日課 クリエイティブな人々の必ずしもクリエイティブでない日々
    天才と言えども、色んなライフスタイルがあるんだな。
    荒れに荒れていたり、きちんと決めた量を毎日こなしたり。
    小説家の話が多くてなお良かった。
  • さよならを待つふたりのために
    何回も読んでいる。ヤングアダルトながら深いテーマ。よくある "病気を持つ主人公の物語で泣いてね" ではなく、主人公が極めて冷静且つシニカルで翻訳文も痛快なのが魅力的。ティーンならではのカジュアルな言い回しが、私は20歳頃に読んだためテンポが心地良かったが、流石にミッドエイジならばこの部分に抵抗がある...続きを読む
  • わたしはマララ
    15歳。日本では中学3年生から高校1年生くらい。学校へ行くのが
    当たり前の日本だけれど、世界にはそうではない地域もある。

    路上生活をする子供たち。家計の足しにする為に働かなくては
    ならない子供たち。貧困層ばかりではない。

    学校もある。勉強も出来る環境もある。それなのに、女性に生まれ
    て来たという...続きを読む
  • 虚ろな街 下
    映画の内容が書かれているのかと思いきや、新たな登場人物(動物?)やら、組織やら

    めちゃくちゃおもしろい。

    しかも

    大団円かと思いきや・・・どんでん返しがすごい。

    そしてなんと、第3巻に続く・・・

    次巻が楽しみです。

    ちなみに、映画ではエマとオリーブの能力が入れ替わっています。
  • 虚ろな街 上
    映画の内容が書かれているのかと思いきや、新たな登場人物(動物?)やら、組織やら

    めちゃくちゃおもしろい。

    しかも

    大団円かと思いきや・・・どんでん返しがすごい。

    そしてなんと、第3巻に続く・・・

    次巻が楽しみです。

    ちなみに、映画ではエマとオリーブの能力が入れ替わっています。

特集