「金原瑞人」おすすめ作品一覧

「金原瑞人」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:金原瑞人(カネハラミズヒト)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1954年11月29日
  • 出身地:日本 / 岡山県
  • 職業:大学教授、翻訳家

法政大学文学部英文学科卒。同大学院人文科学研究科英文学専攻修士課程修了。『地球を救おう』(ベティ・マイルズ)で産経児童出版文化賞を受賞。その他著書に『翻訳家じゃなくてカレー屋になるはずだった』、『大人になれないまま成熟するために 前略。「ぼく」としか言えないオジさんたちへ』などがある。また、訳書には『青空のむこう』(アレックス・シアラー)、『月と六ペンス』(サマセット モーム)などがある。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2018/10/24更新

ユーザーレビュー

  • 天才たちの日課
    "作家、作曲家、画家、哲学者など天才と言われた人たちの日常を探った本。
    散歩をしている人たちが多いことに、驚くと同時になるほどとも感じる。
    薬物やお酒に頼る天才もいるし、規則正しい習慣で仕事時間を作り出している人もいる。それぞれに合った、その人なりの方法で創作時間を作り出している。
    昼寝をする人も多...続きを読む
  • 天才たちの日課 クリエイティブな人々の必ずしもクリエイティブでない日々
    "作家、作曲家、画家、哲学者など天才と言われた人たちの日常を探った本。
    散歩をしている人たちが多いことに、驚くと同時になるほどとも感じる。
    薬物やお酒に頼る天才もいるし、規則正しい習慣で仕事時間を作り出している人もいる。それぞれに合った、その人なりの方法で創作時間を作り出している。
    昼寝をする人も多...続きを読む
  • ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち<上>
    すごく面白くて下巻まで一気に読んでしまった!
    ティム・バートンが映画化したものの原作で、とても面白かったのでこちらも読んでみました。
    映画とはベースが同じだけで、キャラクターの設定が大きく違うところがたくさんあったけど、それが気にならないくらい物語に引き込まれました。
    原作も映画もそれぞれ違う魅力が...続きを読む
  • さよならを待つふたりのために
    命の尊さ、家族の絆、その他、たくさんのことについて考えさせられた作品でした。
    特に、ガスの葬儀で、ヘイゼルがガスに
    「限られた時間の中で、あなたは私に永遠をくれた。」
    と言うシーンは感動させられました。
    映画「きっと、星のせいじゃない。」の日本版イメージソングになったAAAの「Lil' Infini...続きを読む
  • さよならを待つふたりのために
    表紙や題名に騙されないで。甘い難病ラブストーリーじゃない。病気では無くても、今生きていると言う事を静かに考えたくなる。
    自分が今感じてる全て、耳をすましてじっと見つめて、風を感じて。
    読み終わった時には泣かなかったのに、今じわじわ心が痛いです。
    何も世界に残せなくても、私に弔辞を書いてあげたいと思っ...続きを読む

特集