翻訳者による海外文学ブックガイド BOOKMARK

翻訳者による海外文学ブックガイド BOOKMARK

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
紙の本 [参考] 1,650円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

最近の翻訳小説の中で特におすすめのものを選んで紹介している大人気のフリーブックレット「BOOKMARK」が本になりました!
各書籍の紹介は、その書籍の翻訳家が自ら執筆。 
また、各号の冒頭には、著名作家による書き下ろしエッセイも。
「翻訳物ってこんなにおもしろいんだ」と思っていただける1冊です。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / ブックガイド
出版社
CCCメディアハウス
電子版発売日
2019年10月04日
紙の本の発売
2019年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
25MB

翻訳者による海外文学ブックガイド BOOKMARK のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年08月31日

    海外文学を読んでみたいけどとっかかりがないなぁーと思っていたので参考に。そそられるものがたくさんでした。読むぞ~!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月01日

    眠っている良書を揺り起こしてくれる海外文学案内書です。難しい本は一切なし。初っ端から、大好きな江國香織さんのお名前が目に飛び込んできて胸が高鳴りました。ところが・・・。次のページでも、その次のページでも、書評を読むたびにワクワクするのです。翻訳者一人ひとりが思い入れのある一冊を紹介しているので、どな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月15日

    英語圏一冊もない号が特に面白い!YAは懐かしいのが多い。自著、というか自訳書・自装丁本(ボキャブラリーが...)について紹介されているので熱があり、ただの本紹介を越えて読み物としての面白さあり。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月12日

    元々は冊子で無料配布していたらしいもの。それを集めて一冊の本にしたのがこちら。海外文学の紹介集by翻訳者。

    おいおい、こんな本手に取ったら積読本が増えるのは必然じゃあないか。中には読んだことのある「悪童日記」や、映画で観た「ハウルの動く城」や、読んだし観た「トレインスポッティング」やら魅力的な本が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月18日

    いつぞや、たまたま立ち寄った出張先の書店で、表紙のイラストと、CDサイズのかわいい装幀に惹かれて、”これが無料とは!”って、ちょっとビックリしながら手にしたのがBOOKMARKとの出会い。その号では、はじめ書きの担当が村上春樹のときだったんだけど、そんなビッグネームが寄稿しているのも衝撃だった。一冊...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月14日

    翻訳本を翻訳者が紹介するというフリーマガジン12冊分が1冊の書籍になってます。

    フリーマガジンを企画・編集・制作した翻訳者お2人と、デザイナーでありイラストレーターであるオザワミカさんの鼎談も掲載されていました。

    鼎談で初めて知ったんですが、フリーマガジンBOOKMARKって、凄い部数印刷されて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月02日

    テーマごとに16冊の紹介.読んだ本も読んでない本も読んだけどすっかり忘れてしまった本も、読まなくっちゃと思わせてくれる.そしてそれぞれのテーマごとのエッセイがまた面白く町田康氏の気合には思わず笑ってしまった.

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月05日

    翻訳本の紹介本
    最近翻訳本を読むことが多くて、更にいろんな翻訳本に出会いたいと思い読みました。
    英語だけでなく、世界中の言葉を日本語に変換して、私達が読めるように仲介してくれる翻訳家の方々に感謝です。
    気になった本はリストにまとめてこれからゆっくり読んでいきたいと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月22日

    金原瑞人&村上春樹の翻訳物はどうがんばっても「合わない」と(さんざん試したあげく)わかっているのであまり期待せず手に取る。中に6冊ほど読みたいと思うものがあったのでそれなりに収穫あり。読んだことあるものもずいぶんあった。

    町田康のショートエッセイ「気合と気合と気合」笑える。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月18日

    海外文学読みますか? ファンタジーなら読む?登場人物の名前が覚えにくいとか、出てくるアイテムになじみがなくて読みにくいという印象があるかもしれませんが、読めば忘れられなくなるような、心に突き刺さる物語がたくさんあります。この本は、翻訳者が自分の訳した本を紹介してくれるガイドブックです。作品との出会い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています