三辺律子の一覧

「三辺律子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/12/24更新

ユーザーレビュー

  • ダリウスは今日も生きづらい
    米国人の父とイラン人の母を持つ、米国の高校生ダリウス。生まれも育ちもポートランドでイランに行ったことはないのに、学校ではイランの出自をからかわれ、「自分の国」のことを知った方がいい等々言われる。かといってペルシャ語も出来ず、イランの祖父母とスカイプで話すのはなんだか気まずい。父親には全てに失望されて...続きを読む
  • ダリウスは今日も生きづらい
    主人公ダリウスが自分のルーツに触れ、親友と肩をぶつけ合い、自分を知っていくことでありのままの自分を受け入れ、祖父母、父母、友とわかり合い成長していく過程に心が温かくなる作品。海を越え親友に出会えたダリウスを本当に祝福する気持ちになります。肩心の友に出会えて良かったな!!!!ダーリーウーシュ・゜・(つ...続きを読む
  • 少年キム 下
    19世紀の英領インドで育ったイギリス人孤児キム。チベットからやって来たラマと知り合い、弟子として矢の川を探す旅に出る。
    途中で英国エリートとして学校に通うが、クレイトン大佐や馬商人でスパイのマハブーブ・アリからスパイとしての才能を見いだされ、ラマとの旅を再開しながら、イギリスとロシアの覇権争いの中で...続きを読む
  • ダリウスは今日も生きづらい
    『あなたの場所が空っぽ』。
    寂しいよ、という意味だけど、そんなふうに思ってもらえたらしあわせだし、そんなふうに思えるひとがいるのもすてきなことで、寂しい、と、愛しい、は、気持ちの同じところにあるんだよなぁと、改めて思い出しました。
    古語でかわいいことを、かなし、というのだということを知ったとき、英語...続きを読む
  • 夜フクロウとドッグフィッシュ
    おもしろかったー! 
    全編、書簡体(メール体)小説。

    父親同士がいきなり恋人としてつきあいはじめたふたりの少女、エイブリーとベット。性格も好みも何もかもが正反対なふたりは、はじめ、なんとかして父親たちを別れさせようとするが、互いに顔を合わせていやいやながら交流するうちに、すっかり仲よくなってしまい...続きを読む