「三辺律子」おすすめ作品一覧

「三辺律子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/03/09更新

ユーザーレビュー

  • ぼくが死んだ日
    通勤時に丁度いい文庫。

    「みんなの話を聞いて」 忘れられた墓地で 十代の十人の子どもたちが語る 彼らの生きた証から死ぬ瞬間までの物語

    十人の子ども達が話す物語の中で私が特に心に残ったのは「ジーナ」の話。

    シカゴの名前はないが固い絆で結ばれた地域で「うそつき」呼ばわりされているジーナ。しかし、ジ...続きを読む
  • ぼくが死んだ日
    夜中車を飛ばしてた少年マイク。
    偶然道で拾ったメアリアンに導かれ彼が辿り着いたのは、十代の子供ばかりが眠る忘れ去られた墓地。
    マイクはそこで幽霊となった子供たちが語る死に際に耳を傾ける事に……

    ジュブナイルなテイストのゴーストストーリー。文章は読みやすく茶目っけがきいている。
    一遍ごとに語り手が交...続きを読む
  • ぼくが死んだ日
    怖い。ホラーは読みやすいほどに怖いと思うのだけど、作者は児童向けの物語も書いていると知ってなるほどなーと思いました。
    ラストでスコットが綺麗にまとめた感あるけど、エドガーだけは…モンスターはどっちかっていうと…
    あ、マイク死ななくて良かったね!
  • エレナーとパーク Eleanor&Park
    転校生のエレナーは、深く息を吸い込むと、スクールバスのなかを歩き始めた。だれもそっちを見ようとしない。でもパークの目は不思議と彼女に惹きつけられてしまった。
    真っ赤なくせっ毛に、男物のチェックのシャツ。へんなネックレスをジャラジャラと何本もつけて、ぐるぐる巻きにしたスカーフを手首に巻きつけている。と...続きを読む
  • エレナーとパーク Eleanor&Park
    手をつなぐだけでドキドキしたり多幸感に包まれる、初恋の感じを思い出させてくれた。エレナーの卑屈なところもよく分かるし、ラストもあれで救われた。とにもかくにも誰も死ななくて良かった。