「高橋哲哉」おすすめ作品一覧

「高橋哲哉」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/02/27更新

ユーザーレビュー

  • 靖国問題
     哲学者が靖国問題とは何か、どうすべきか考える。

     靖国神社がどんな人が祀られ、どんな人が祀られないのか、誰に向けて何をしているところなのか、などを丁寧に説明していき、靖国神社とは何かを明らかにしていく。問題が何なのかが非常に分かりやすく感じられた。
     靖国神社はあの当時の日本という国の体制を前提...続きを読む
  • 沖縄の米軍基地 「県外移設」を考える
    「日本人の8割が日米安保条約を支持している以上、沖縄の米軍基地は本土で引き取るのが道理である。そうできないのは、差別の構造である」と著者は述べる。沖縄問題の本質を鋭く突く良書。
  • 靖国問題
    靖国問題について、靖国神社に批判的な立場から論じた本。「感情」「歴史認識」「宗教」「文化」といった切り口でその問題点を指摘する。
    息子が戦死して靖国神社に祀られ喜ぶ母たちの対談を掲載した当時の雑誌『主婦の友』など、著者の主張を裏付ける多くの史料が提示されている。
  • 靖国問題
    靖国問題を理解するための本です。歴史的事実を踏まえ、各論の論理的是非を明快にし、現在の問題の本質を鋭くえぐっています。国事として英霊祭祀を行う限り問題解決はできないというクリアな見解にはただ頷くばかり。
  • 犠牲のシステム 福島・沖縄
     日本国にあり,国民全体がその恩恵をながら,それを維持していくときにある人々の犠牲の下でしか維持できていないもの…それが,沖縄の米軍基地であり,地方に任された原子力発電所です。
     ここで恩恵と言いましたが,本当に恩恵を受けているのか,あるいは恩恵と呼んでもいいのかどうか,はなはだ疑問ですがね。
     「...続きを読む