平田オリザの一覧

「平田オリザ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2021/06/24更新

ユーザーレビュー

  • 幕が上がる
    高校の演劇部が舞台の小説でとても読みやすかったです。
    この小説を読み終わった後、私もこんな青春を送りたかったと思いました。初めての演出で悩んで、悩んでいい舞台にしていこうとするさおりに心を打たれました。
    ももクロがしている映画も見てみたいと思いました。
  • 僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう
    未だに何かを成し遂げたこともなく、周りを見て焦っていました。その中で、「上手くいかなくても大丈夫」ということを訴えてくれる本を探していました。読んでみて、勇気をもらえる本なので、良かったです。特に大学生は絶対読んだ方が良いと思います。全員面白かったですが、山極壽一先生のゴリラの話が面白くて、動物園に...続きを読む
  • 僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう
    先に読んだ続編もそうそうたる人たちだったけど、本書はそれを上回るような山中伸弥、羽生善治、是枝裕和、山極壽一というすごい面々。ま、男性ばかりという点では、女性と男性が2人ずつだった続編のほうがバランス的にいいけどね。
    もともとは永田和宏さんが教鞭をとる京都産業大学で学生向けに開いた講演会を本にしたも...続きを読む
  • 「自由」の危機 ――息苦しさの正体
    まず著者群の面子を見て、少なくとも既知の名前において、それぞれの発信することばを追いかけている人が多いことを確認。演繹的に、その他の著者についても、かけ離れた立場にはないであろうと判断。あわよくば、今後の人生指針になり得る存在と出会えることも期待。前置き長いけど、そんな考えの下、発売前から気にかけて...続きを読む
  • 「自由」の危機 ――息苦しさの正体
    26名による日本学術会議任命拒否問題に端を発した、自由への権力の介入に関しての論考集。息苦しさの正体にはさまざまな形での!自由を禁じようとする動きがあったことに改めて気がつく。
    それぞれの立場で見た自由への介入は、幅広いものがあり、私たちの生活がじょじょに狭められてきていることが分かる。
    誰かの問題...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!