わかりあえないことから コミュニケーション能力とは何か

わかりあえないことから コミュニケーション能力とは何か

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
紙の本 [参考] 924円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

【新書大賞2013第4位】 日本経団連の調査によると、日本企業の人事担当者が新卒採用にあたってもっとも重視している能力は、「語学力」ではなく、「コミュニケーション能力」です。ところが、その「コミュニケーション能力」とは何を指すのか、満足に答えられる人はきわめて稀であるというのが、実態ではないでしょうか。わかりあう、察しあう社会が中途半端に崩れていきつつある今、「コミュニケーション能力」とは何なのか、その答えを探し求めます。(講談社現代新書)

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社現代新書
ページ数
232ページ
電子版発売日
2012年11月30日
紙の本の発売
2012年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

わかりあえないことから コミュニケーション能力とは何か のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2019年12月29日


    会話(コミュニケーション)はキャッチボールだと言われます。自分のメッセージ(ボール)を相手が取りやすいように投げて,うまく取ってもらえたら会話が成立。うまく取ってもらえなかったら,あるいは,うまく投げれなかったら会話は不成立。従来はこのように考えてきたと思います。
    
    会話のキャッチボールモデル...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年09月08日

    社会人になって、読書って、なにかを学ぶってこんなに楽しいんだ、と思った本。aha! 体験の連続だった。
    学校などの教育現場、採用、社員研修の場などで、若者のコミュニケーション能力をどうにかしなければ〜などと言っている人がいたら、まずこれを読んでほしい。日本社会でのダブルバインド、子どもの数が減り、ひ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年09月05日

    ■日本の教育の「ダブルバインド」
     「学力は優秀だがコミュニケーション能力に劣る」。そんな話をよく聞くし、実際にそう思える生徒と接することも多くなった。日本では、表現教育、コミュニケーション教育が盛んに行われているらしいにもかかわらず、それが苦手な人が目立つ。そして、その理由は実はさまざまだそうだが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年08月19日

    全人類に読んでほしい傑作。
    演じながら過ごす毎日を肯定し、また多様性との関わり方が示されている。
    また読みたい、何度も読みたい。
    より深く理解したいと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年06月23日

    <概要>
    ・多様性のなかでわかりあうために「対話力」を身に付ける。
    ・グローバル化・男女平等の時代には、対話の言葉の確立を。
    ・日本人はこれからどんどんバラバラになる。
    ・人と人はわかりあえないそこからスタートする。
    <アクションプラン>
    ・平田オリザの別の著書も気になった → 『下り坂をそろそろと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年06月03日

    韓国と日本の食事の時の違いや靴を玄関で脱ぐ時の文化の違いなど知らなかったので勉強になりました。

    ボウリングに行こうよという台詞を劇作家が書くということは、ボウリングに行くことが大事なわけではない。台詞の発話者と、その相手が、ボウリングに行こうよと言いあう間柄であるということを、劇作家は客席に伝えた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月04日

    対話=価値観・情報の交換
    エンパシー(共感、共有性)分かり合えないことを前提に分かり合える部分を探っていく営み

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月30日

    平田オリザ氏の経験に裏打ちされた、コミュニケーション論のあやふやを払拭する論説。
    成熟社会の多様さの中で溺れないための一つの道標。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月09日

    平田オリザの本は何度か手に取ったが読み進められなかった。
    私は、「対話」という語の捉え方から誤りがあった。

    「異文化理解能力」と「日本社会における従来型のコミュニケーション能力」
    就職活動中の学生は、矛盾した2つの能力を同時に要求されている。
    そして、要求している側が、その矛盾に気づいていない。(...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月19日

    わかりあえないことを前提にする。私が普段から言い続けていることが書かれてあったので、とても嬉しかった。もっと早く読めばよかったです。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

講談社現代新書 の最新刊

無料で読める 雑学・エンタメ

雑学・エンタメ ランキング