幕が上がる

幕が上がる

作者名 :
通常価格 759円 (690円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ある地方の高校演劇部を指導することになった女性教師が部員らに全国大会の出場を意識させる。高い目標を得た部員たちは恋や勉強よりも演劇ひとすじの日々に。演劇強豪校からの転入生に戸惑い、切磋琢磨して一つの台詞に葛藤する役者と演出家。彼女たちが到達した最終幕はどんな色模様になるのか。2015年2月に映画化する、爽快感を呼ぶ青春小説の決定版!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2015年01月09日
紙の本の発売
2014年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

幕が上がる のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年10月04日

    高校の演劇部が舞台の小説でとても読みやすかったです。
    この小説を読み終わった後、私もこんな青春を送りたかったと思いました。初めての演出で悩んで、悩んでいい舞台にしていこうとするさおりに心を打たれました。
    ももクロがしている映画も見てみたいと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月29日

    典型的な女性が書いた本。一人称で、主人公は心の中で色々なことを取り留めもなく考えており、それが読者に筒抜けパターン。こういう語り口が一番苦手です。だらだらと考えていることや行動がいちいち書かれているので読みにくいところもあり、イライラしました。途中までは。

    主人公が考えている不必要とも言える雑音は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月14日

    演劇にかける高校生たちの熱量がひしひしと伝わってきました。舞台関係の人しか感じることが出来ない緊張や、静寂、感嘆、澄んだ空気みたいなものを私は現実に体感することが出来ないのだろうけど、すごくその場に居たい気持ちになりました。ラストの疾走感がくせになります!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月08日

    高校演劇部を舞台にした青春モノです。スポーツでも文化系でも、熱中している高校生が主人公だと、キラキラ輝いて本当に楽しい!そして平田オリザさん。小説は初めて読みましたが、さすが演出家だけあって、登場人物のキャラクターが際立っていました。映画にもなっているようなのでぜひ見ます!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月11日

    ももいろクローバーZの皆さんが主演で実写映画化された青春物語です
    ぜひ高校生に読んでもらいたい一冊です

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月19日

    オリザさんの書いたものをたくさん読んだことはないし、舞台も2回しか観ていないが、この人はなんかこう別格、というか、年齢や性別もこれまでにされた役職?肩書きみたいなものにも囚われないというか、超えちゃってる感じがする。
    この小説もそう。
    主人公のお母さんに紡木たくの『みんなで卒業をうたおう』を勧めさせ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    キラキラですね。

    タマノフ 2015年02月03日

    はやく映画がみたいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月02日

    Hさんが演劇にハマったキッカケになったオススメ本。

    演劇には殆ど触れてこなかったが、琴線に触れた。
    演劇への愛が溢れていたし、銀河鉄道の夜を見てみたくなった。

    そして、青春シーンには、(そんなの体験していないがw)ぐっと来るものがあり、
    ちょっと涙目で読んでいた。

    オリザさん(作者)は本当に演...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月27日

    自分が高校演劇をしていたこともあり、舞台に臨むまでの臨場感などにとても共感。ストーリーとしてはやや上手く出来すぎているような感もあったが、主人公・さおりの心の声がストレートに響いてくるのがよかった。脚本を織り込む手法も好き。映画の影響もあって、どうしても登場人物がももクロの5人に重なってしまうのがち...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月12日

    高校演劇部のお話
    青春小説というものですね
    とてもよかったです
    上級生が去り部長に就任した高橋さおりが主人公
    演劇経験の先生が副顧問になったり、経験者が他校から
    転入してきたりいろいろあり、そして演劇部も上を
    目指し始動し・・・
    話の流れに勢いがあり、先へ先へと読み進んでしまう
    またいろんなことが起...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

講談社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング

幕が上がる に関連する特集・キャンペーン