【感想・ネタバレ】幕が上がる のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年12月11日

ももいろクローバーZの皆さんが主演で実写映画化された青春物語です
ぜひ高校生に読んでもらいたい一冊です

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年01月19日

オリザさんの書いたものをたくさん読んだことはないし、舞台も2回しか観ていないが、この人はなんかこう別格、というか、年齢や性別もこれまでにされた役職?肩書きみたいなものにも囚われないというか、超えちゃってる感じがする。
この小説もそう。
主人公のお母さんに紡木たくの『みんなで卒業をうたおう』を勧めさせ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年04月18日

演劇の世界とは無縁ですが,かなり楽しみました。
読後に偶然,平田オリザさんの銀河鉄道の映像を見ました。劇場でみたいです。あとがきの阿川佐和子さんも良かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年04月14日

ももいろクローバーZ主演で映画化された平田オリザさんの小説。映画観てから読みました。個人的にはこの順番でよかったと思います。

平田オリザさんは口語にこだわっていらっしゃる方なので、小説でもそれが引き継がれています。そして、圧倒的なリアリティとして生きています。

そう、リアルなんですよね。
青春も...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年03月19日

久々に小説が面白いと感じた。
モノノフなので、登場人物が全てイメージしやすかったのもあるが、描写がすごく伝わるのも大きい。
こんな高校時代過ごしかったかも。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

キラキラですね。

タマノフ 2015年02月03日

はやく映画がみたいです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年04月03日

高校演劇が舞台の本当に演劇一辺倒のお話
ひとつの芝居を作ることにストイックなまでに演劇に打ち込む高校生の姿勢とひしひしと伝わってくる演劇への熱意に感化されて、読んでいる自分の手にもグッと力が入ってしまう。
舞台上でのシーンは緻密で、一挙一動にこっちまで緊張感が伝わってくる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月11日

主人公がひたすら語っている体の小説です。演劇に関して突っ込んだ部分迄書かれているので時に置いてけぼりになりそうになりますが、勢いと熱さと若いパワーを封じ込めたような本になっています。主人公が本当に存在して語っているようで、作者の顔が浮かんでこないのがとても良いです。
小説の流儀としてどうなのかは興味...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年12月02日

高校演劇部を舞台にした、青春小説。いや〜あつかった!こんな時代を送りたかった。おじさん、おばさんにこそ読んでもらいたい!
いや、子供にも読ませてあげたい。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年09月07日

チョイスした動機は他の方のこの本の感想を見て興味を持ったため。現役劇作家の方が書いているため、演劇に対しての描写が詳しい。それでもって物語のキモである「銀河鉄道の夜」をこれまで読んだことが無い点に反省。さらに自分も劇中の高橋さおりみたいに「人の気持ちを汲み取る」という点が苦手なので、ワビスケのさおり...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年06月01日

平田オリザさんは初めて読んだけど、はまりそう。
青春小説だから青臭いというわけでもなくて。
演劇の世界を垣間見られたのも楽しかったし、何よりも後半の高揚感。
続編が出ればいいのに。
部長とわび助の関係も気になる。
ーーー
地方の高校演劇部を指導することになった教師が部員たちに全国大会を意識させる。高...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年12月12日

映画が良かったので原作も見てみようと思い、読んだ作品。高校演劇という世界についても知ることが出来た。部活していた時期を思い出して、懐かしい気持ちになれた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年10月23日

演劇に情熱を傾ける高校生の青春群像。
かなりコアな内容で実際に脚本から劇を作り上げる過程がこと細やかに描かれているのがとっても興味深かった。
まるでドキュメンタリーのようでもあり
お涙ちょうだいの恋愛ドロドロミステリーよりもかなり、面白かったようにおもう。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年10月09日

ももクロ主演の映画原作とあって読んでみた。
思った通り良書だった。普通の作家と違いもうちょっとそこは深く切り込んで欲しいなって所はあったが、青春小説としては良く出来ているのはないか。
印象としては、普通の小説では盛り上げ過ぎなところを淡々と書いており、物足りなさも残しつつあっさり塩味風味を楽しむのも...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年01月03日

高校演劇部が舞台の青春小説。ストーリー大枠はベタな部活ものだけど、役者として演じること・演出の面白さや、「演劇」という一つのことに夢中になる姿がとても魅力的に感じられた作品。
あと、物語の中で、劇中劇「銀河鉄道の夜」や谷川俊太郎の詩が登場するのだけど、宇宙と個人とを対比させた表現がとても壮大で心に残...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年12月30日

文章が女子高生特有の口語で読みやすい。さらっと読めてしまうのに薄っぺらいわけではなく、青春時代の葛藤や苛立ちや歓びがリアルに描写されていて懐かしい気持ちになったと同時に、もう帰れない時間を思い出し、少し寂しくもなった。何回でも読み返したい一冊。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年11月23日

何者でもない。でもいつかは何者かにならなければならない。高校生って妙にファンタジックでリアルだ。銀河鉄道の旅を心象を引き延ばした時間とする解釈は個人的になるほど!と思えた。青春は自由であるべきだ。天沢聖司がいなくたって。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年08月27日

何者にもなれない自分が嫌いだった
演劇はやっと見つけた宝物だった

一生懸命に生きれば人にやさしくなれるのかもしれない

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年07月13日

群馬にある高校の演劇部が舞台。地区大会に敗れ3年生が引退することになり、自分たちの代が部を牽引する場面から始まる。先輩たちが果たせなかった地区大会優勝を目指そうとした折、演劇部強豪校から転校生がやってくる。

ひとつの目標に向かって真剣に悩み、考え、一途に挑む等身大の女子高生たちの青春記です。
大会...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年06月24日

高校生演劇のお話し
ももクロ出演で映画になったので有名

平田オリザは学生の時に児童劇の脚本を書かなきゃいけなくて、資料として読んだ中にあったなぁ
説明的ではない、日常生活でのリアリティのあるセリフというものを学ばせていただきました
ただ、自分がそう言ってるわりには小説では説明が多すぎないか?まぁ、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?