会田誠の一覧

「会田誠」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/08/06更新

ユーザーレビュー

  • げいさい
    「天才でごめんなさい」と言われても、「本当に天才だから、仕方ないよなあ、そうだよなあ」と思ってしまう現代芸術家、会田誠が数年の構想と執筆期間を経て完成させた長編小説。若き自身を主人公とした青春小説の体を取りながら、本作の素晴らしさは日本の芸術大学に潜む受験システムへの批評として成立している点にある。...続きを読む
  • げいさい
    美術予備校の風景や、美大生のノリが細かく描写され、ワクワク読み始めたが、突きつけられたのは美術会の閉塞感と折り合いをつける苦しみと、それでも表現活動を続けることの壮絶さだ。売れっ子美術家が、あえて小説というスタイルを選んで伝えたようとした。彼自身、今も戦っているということを。
  • 赤塚不二夫生誕80年企画 バカ田大学講義録なのだ!
    内容はいたって真面目(と思える)。もっと凄まじい内容を想像したが、これかこれでよいと思う。バカを語っていることには間違いはないのだけれど。
  • カリコリせんとや生まれけむ
    会田誠展に行って感激し、エッセイ第二弾を1日で読み終え、どうも会田誠の毒が抜けきらないので、エッセイ第一弾を読み直し。
    いま読むとまた新たな発見が。

    そのひとつが「chim↑pom」。
    エッセイ第二弾でも少し触れられていたので気になってググったところ、以前ある美術館の企画展で見た、「カラスを呼び寄...続きを読む
  • 美しすぎる少女の乳房はなぜ大理石でできていないのか
    新潟県立近代美術館(長岡)で開催されている、「会田誠展」に行ってきました。
    会田誠、新潟県新潟市出身の現代美術家。
    コンセプチュアルだけど分かりやすくて(だってちゃんと解説がついているから)時にセンセーショナルでテクニシャンな作品たちに、魅了されっぱなし。
    ん〜現代美術好きだし会田誠もその中ではわり...続きを読む