「池内了」おすすめ作品一覧

「池内了」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/06/02更新

ユーザーレビュー

  • 宇宙論と神
    この宇宙における構成物質のことをほとんど何もわかってないということ。

    そして常に
    当たり前が崩れ
    宇宙においての新しい知見がこの先も得られ続けていくであろうということが感じられる著書。
  • 疑似科学入門
    胡散臭い、という言葉がそのまま
    ぴつたり当てはまる
    「血液型性格診断」
    「水からの伝言」
    本当のところは、どうなんだろう
    「オゾン層の減少」
    「地球温暖化」
    いったいどうしていくことが
    「地震の予知」
    「遺伝子組み換え作物」
    あれやこれやを
    科学的な見地から
    きちんと検証し、考証していく
    一冊

    ...続きを読む
  • 科学を生きる
    読みやすい文章で、頭の体操になった。情緒ある文章だと思う。ただ湯川先生の学問は少し古くなってきているのかなぁという感じも抱いた。
  • 科学の限界
     東日本大震災に伴う福島原発の事故で、その「安全神話」、科学至上主義の限界について国民は目覚めさせられた。すべての問題はは科学によって解明、解決できるとの思い込みはなかったか。現在のように、高度、微細、数学的に発展している科学・高額が、その内容からして情報の保有、広報が限定される。市民全体で共有、支...続きを読む
  • 科学と人間の不協和音
    科学技術。
    こういった言葉使い、日本人は好きですよね。
    四字熟語じゃないのに。。。
    安全安心とか。。。。

    科学と、技術は違うものだと説いてあるところは
    快哉を叫びましたよほんと。

    文系が支配する国で、理系が生きていくには
    なかなか、辛いのです。
    給料すら差がある。

    せめて、科学の中に夢を追い求...続きを読む