冨山和彦の一覧

「冨山和彦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2019/05/23更新

ユーザーレビュー

  • 両利きの経営―「二兎を追う」戦略が未来を切り拓く
    企業が所謂「イノベーションのジレンマ」に陥ることなく、持続的に成功するためには、既存事業の「深化」と新規事業の「探索」を両立する必要があり、その実践に向けた経営手法やリーダーシップの要諦を明らかにした一冊。

    既存事業が抵抗勢力となって「探索」を阻むのを避けるため、リーダーは「探索」と「深化」の両方...続きを読む
  • なぜローカル経済から日本は甦るのか GとLの経済成長戦略
    GとLという経済の分け方は非常にしっくりときたし、これまでごちゃごちゃにして考えてきたが故に整理できなかったことが整理できるなと思った。また、世界の流れとしてはGのイメージが強いが、Lの経済における問題の大きさに気づかされる。
  • 決定版 これがガバナンス経営だ!―ストーリーで学ぶ企業統治のリアル
    これは良書でした、コーポレートガバナンスとは何か?どういうことか?に関して丁寧な解説で基本的な事項を網羅。大変に良く理解できた。コーポレートガバナンスの基本書。
  • 有名企業からの脱出 あなたの仕事人生が“手遅れ”になる前に
    日本企業の根本的な課題について述べられており面白い。

    変革時は地下室でトレーニングを行うことが重要。
    時間軸は単身長身秒針すべてをもっておくことが重要。
    サービス産業は2パーセント物価上昇している!全体で2パーセントは達成するはずがない。

    効率のいい企業に人資源を集中させるm&aを促進させるべき...続きを読む
  • 決定版 これがガバナンス経営だ!―ストーリーで学ぶ企業統治のリアル
    ー もちろんコーポレートガバナンス· コードは一つの規範なので、そこにどうミート、complyすればいいかという、ある意味、法形式論的な観点は実務的には重要である。

    しかし東芝の不正会計問題が明確に示唆するように、真に問われるのは、形式を整えた先の実質論としてのガバナンス改革の成否、ガバナンス経営...続きを読む

特集