AI経営で会社は甦る

AI経営で会社は甦る

作者名 :
通常価格 1,223円 (1,112円+税)
紙の本 [参考] 1,650円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【カドカワ祭ゴールデン2021 開催中!】マンガ・書籍6,000冊以上が最大50%OFF!期間限定・1巻無料作品も多数配信中★

作品内容

AI革命で「産業構造」「稼ぐ仕組み」が激変する。
企業再生の第一人者による「AI時代の経営論」。


【目次より】

はじめに AI時代の経営とは

技術的にスゴいことと儲ることは違う
L(ローカル)の風とS(シリアス)の風をつかめ
WhatよりもWhen,How,Whoの勝負

第1章 これがAI革命の真相だ

デジタル革命が「バーチャルの世界」から「リアルの世界」へ
「稼ぐ」構造が根こそぎ変わる
産業革命の核心はAIの進化と「S(シリアス)の世界」
大自動化革命ではタブーの少ない日本に勝機あり
オープンイノベーションとブラックボックス化
日本の自動車メーカーは生き残れるか

第2章 なぜ日本企業が有利なのか

ハードとソフトの融合が焦点に
ハイブリッド経営システムを構築せよ
モノづくり日本にチャンスあり
ローカル型産業、中小企業にはもっと巨大なチャンス到来
ターゲティング型の産業政策はもはや通用しない

第3章 日本企業がとるべき戦略

天才技術者を雇うには
一国二制度で異質なものと共存する
プロ経営者の改革がうまくいかない理由
リアルキャピタルからヒューマンキャピタルへ
産学連携で人を育てる

第4章 AI時代のリーダー像・働き方

分断される「Gの世界」と「Lの世界」
真のグローバル人材を目指すには
AI時代に残る仕事、なくなる仕事

おわりに 千載一遇のチャンスをつかめ

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
240ページ
電子版発売日
2017年03月31日
紙の本の発売
2017年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

AI経営で会社は甦る のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年06月25日

    巨人と西武じゃないほうの、「GとL」に関する発言で話題になった、おなじみIGPI(経営共創基盤)の冨山和彦さんの一冊。
    GとLに、続いて今回はC(カジュアル)とS(シリアス)という軸で異質な2つの領域をわかりやすく解説し、両者がいかにAIと関わることが今後良い結果を生むか等についてわかりやすく解説さ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月14日

    AIの日本へのインパクトが良く分かる。授業の教科書にも使えるかも。日本が何に注力すべきかが良く分かる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月02日

    読んでいて膝を打つことの多い、冨山本。伝統的な日本企業が劇的に変わるのは、外圧しかないのかな。今回もソフバンがアームをどうするのかという報道の時期に読んだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月30日

    IGPI冨山さんの著作。AI・デジタル革命において、日本企業が真に見極めるべきは何かを伝えている。

    AI革命による大波は、デジタル革命から遠かった医療介護現場や建設現場など、労働集約産業、さらには第一次産業にまで到達している。この波を梃子にして、飛躍的に生産性の高い産業に生まれ変わる現場も出てくる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月01日

    AIと銘打ってはいるが、本書はモノづくりについての本、とも言える。
    まずもって、数多の関連本が出版される中、AI革命=大自動化革命、とシンプルに言い切った人は私の知る限り今までいなかった。

    AIがもたらす新しい自動化を考える上で著者が提示するのは、「Sの世界」という概念。Sは「シリアス」。ネットに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月08日

    AIがホワイトカラーの仕事を奪うかもしれないが、飛脚の仕事が、鉄道や自動車にとって代わられたが、人類全体から見れば、苦手な部分を機械に任せ、むしろ発展し、仕事が増えたように、また、大きな発展の時期が来ているのだと思う。急激な変化が起きる時、取り残されそうな人達は、ブレーキをかけようとする。そういった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月28日

    今月の課題図書。
    バーチャル・サイバーで成長したテクノロジーがリアル・フィジカルの世界へ、これを使いこなして成長するには、仕事のやり方をことごとく変えなければ!
    改めて気合と勇気を与えてくれる一冊です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月30日

    サイバー空間でほぼ完結できる典型的な「ネットビジネス」の時代は黄昏を迎えつつある。デジタル革命第3期はそんな時期に起きつつある。

    従来型のネットビジネスが稼ぐ機会が減少している中で、まだ残されている沃野があるとすれば、それはライブコンテンツのネット配信。日本で行われるライブイベントは、唯一無二の、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月03日

    しょせん当たらない予測に時間とカネを使うことよりも、予測不可能なイノベーションがもたらす変化に迅速かつ鮮烈に対応できる組織能力、経営能力、すなわちwhen,how,whoに関わるもっと根源的な戦闘能力を高めておくことのほうが、革命期においては重要な意味をもつ

    過度の焦燥感や無用な悲観論に流された情...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月16日

    デジタル革命の主戦場はバーチャル・サイバーからリアルフィジカル、G(グローバル)からL(ローカル)、C(カジュアル)からS(シリアス)に遷りつつある。すなわちfacebookのようなバーチャルだけで成立していて世界を巻き込む潮流を起こす娯楽性の高いITではなく、現実社会でローカルな市場でのビジネスを...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています