コロナショック・サバイバル 日本経済復興計画

コロナショック・サバイバル 日本経済復興計画

作者名 :
通常価格 1,200円 (1,091円+税)
紙の本 [参考] 1,320円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

NHKスペシャル「激震コロナショック~経済危機は回避できるか~」著者出演、大反響!
紙版発売に先がけ、電子書籍版を先行配信。

「コロナショック」を企業、個人、政府が生き残る術がここに!

▼リーマンショックを超える経済危機は、3つの時間軸で襲ってくる。

第1波 日本のGDPの7割を占めるローカル産業(飲食、小売、エンタメなど)の壊滅
第2波 自動車、電機など グローバル型大企業へ波及
第3波 金融危機の発生

・欧米でもローカル経済圏破綻の打撃が大きい(cf.リーマンは金融圏のみ)
・中国による牽引が期待できない
・ソルベンシー問題と逆石油ショックが金融危機へ
・破産したくなければ企業は短期PLを本気で捨てよ
・手元キャッシュが全て
・最悪を想定
・危機におけるリーダーの「べからず集」とは?
・経済のグローバル化傾向は、このまま続くのか?
・企業が、個人が、政府が、コロナショックを生き残る鍵とは?

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
120ページ
電子版発売日
2020年04月30日
紙の本の発売
2020年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

コロナショック・サバイバル 日本経済復興計画 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年05月27日

    経営再生で著名なIGPIの富山氏の書籍。コロナショックが経済に与えるであろう影響と当該影響に対して会社はどのように対応すべきか綴った本。コロナショックの影響はL→G→Fの順に襲ってくる。国内での消費抑制→世界での消費抑制や需要消滅、サプライチェーンショック→銀行の不良債権の増加や逆オイルショックであ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月14日

    コロナショックを経験する現代において、企業は如何にして乗り越えるべきかが記されている教科書的な本。
    日本はこれまで経済危機を何度も繰り返しているため、本来はこれまでの経験をもとにすれば乗り越えられるはずである。
    歴史からしっかりと学んでいる企業は、今回の危機も乗り越えられ、学んでいなければ沈んでしま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月29日

    少し読むのが遅かったかも知れません。
    論点は既にあるものばかりですが、分かりやすく整理はされており頭の整理には役立ちます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月24日

    ニューノーマルを想像する上で、歴史的法則とファクトとロジックが重要という学び。
    過去30年で最も経済危機を経験している日本の
    英智がたくさん書いてある本だった。
    とにかくキャッシュ、平時の営業キャッシュフローの厚み、自己資本の厚み
    生死を分けたのは明確にそれとのことで
    稲盛さんやっぱ凄いなと思った。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月24日

    本書に書かれていることの軸になることは、L(ローカル)とG(グローバル)の経済であったり、産業再生機構やIGPIにおけるJALやカネボウ再建の話など、冨山氏の他の著書に書かれていることと重複することもあり、少し抽象的な内容も多い。
    ただ、本書にも書かれているように、「歴史から学ぶ」ことの意義は大きい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月17日

    after / withコロナのマクロトレンドについて論じるレポートは多くあるものの、個々の組織、ひいてはリーダーの視点で書かれた議論はさほど多くない。
    本書は、その数少ない一冊。
    メッセージは一貫している。すなわち、「コロナ禍でのサバイブの可能性は、日頃から『良い経営』を行っているか否かにかかって...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月16日

    2時間ほどで読めてしまうほどのボリュームですが、緊急出版されたものなので新鮮味は抜群。アフターコロナを見据えてCX(Corporate Transformation)の重要性を説く良書だと思います。

    ※クーポンに釣られてe-BookJapanaの電子書籍で買いました(^^)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月14日

    富山氏によるコロナショックの分析と、過去の再生実務経験に基づく経営学からみる今後の日本のCX(Corporate Transformation)の必要性がうまくまとめられている。
    BtoBビジネスまたは、経営層に近いコミュニケーションをする人は読んでおいて損はない本だと思います。
    執筆のタイミングも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月12日

    コロナショックにおいて、
    JALの再建などを成し遂げた企業再生のプロである冨山和彦氏が何を考え、
    どうすればこの困難を乗り越えられるのかを考えているのかを知りたく購入。

    私個人としては、企業の経営者の立場ではなく、
    一個人として今後どのように対応を進めればよいか、という視点が中心に読み込んだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月10日

    コロナショックに立ち向かうリーダーへの激励本。
    過去の著書の引用が多く、一貫した主張をしている著者なのかなと感じた。
    今後の日本がワクワク上昇気流に乗れるよう個人としても出来ることを考えたい!

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています