DXの思考法 日本経済復活への最強戦略

DXの思考法 日本経済復活への最強戦略

作者名 :
通常価格 1,500円 (1,364円+税)
紙の本 [参考] 1,650円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【カドカワ祭ゴールデン2021 開催中!】マンガ・書籍6,000冊以上が最大50%OFF!期間限定・1巻無料作品も多数配信中★

作品内容

累計9万5000部(電子含む)突破!『コロナショック・サバイバル』
『コーポレート・トランスフォーメーション』に続く「DX成功への決定書」!

「DXの真髄を見事に解き明かした。これからのビジネス、社会を考える必読書」
 ーー松尾豊氏(東京大学大学院教授・人工知能研究者)推薦!

「著者は、時代の数歩先を行く天才だ!」ーー冨山和彦氏(IGPIグループ会長) 絶賛!

会社、産業、社会、そして国家、個人までが
DX(デジタル・トランスフォーメーション)の「対象」かつ「主体」となる時代が到来。

天才ビジョナリーが描く「DX成功の極意」とは。「ミルフィーユ化する未来」とは。

†DXの要諦は「抽象化」にある
†抽象と具象を行き来する
†タテからヨコへ、ピラミッドからレイヤーへ
†あなたも会社もエコシステムの一部に
†「相対性理論」の感覚を実践する
†人工知能と人間の距離をどう埋めるか
†日本の中小企業が真似しやすいのはドイツ
†アリババが自らをケーキにたとえる理由
†ネットフリックスには、なぜ上司の決裁がないか
†見たことのない「万能工場」のつくり方
†自社の製品・システムから発想してはいけない
†読者のUXを研究していた夏目漱石
†各国が注目するインド政府のデジタル化
†10億人に給付金とワクチンを届ける仕組み

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経済
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
272ページ
電子版発売日
2021年03月31日
紙の本の発売
2021年04月
サイズ(目安)
2MB

DXの思考法 日本経済復活への最強戦略 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年05月01日

    表現は難しいが、DXの本質が分かりやすく説明されている。特にウォードリーマップは参考になった。
    ただ、実際に本棚を描くのが難しいんだよなぁ…。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月01日

    本書で描かれるDXは「インダストリアルトランスフォーメーション」を前提としており、ハードウェアのゼロイチの世界から始まり、壮大な変革論に続いていく。実例や比喩表現も秀逸であり、何周も読み込みたい本であった。

    ・レイヤー構造でエコシステムが形成されている
    ・優良なグローバル企業の特徴として、①顧客の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月21日

    元経産省の役人である西山氏による、骨太のDX解説本。
    本書のメインメッセージは、「デジタル化が今日の人類社会に対して持っている最も重要なインパクトは、それが産業構造全体を大きく変容させる力を持っていること、すなわちインダストリアル・トランスフォーメーション( Industrial Transform...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月25日

    ウォードリーマップという整理が参考になった。
    プラットフォームは
    ①内製開発すべきもの→
    ②パッケージをカスタマイズして使うべきもの→
    ③外部調達すべきもの
    という段階に分かれており、徐々にSaaSとして調達可能となっていく。
    自社の競争優位性に繋がる領域は開発なりカスタマイズすべきという判断になり...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月16日

    私の中での最近のキーワード「具体と抽象」にもつながる話 レイヤーは大切
    01が人に随分と近づいている
    アーキテクチャという目線がこんなところでも出てくるんですね

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています