山本博文の一覧

「山本博文」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2019/03/04更新

ユーザーレビュー

  • 現代語訳 武士道
    新渡戸稲造の『武士道』を読みやすくわかりやすい現代語に訳した本。

    『武士道』は「日本では宗教教育なくして、どのように道徳教育をしたのか」という外国人の疑問に応える意味で書かれた、外国人に向けた日本文化論の本です。
  • 元号
    知っているようで知らない年号。
    年号の始まりから今時点まで分かりやすく記されていた。
    昭和って長かったんだ。

    今回の年号が変わる事が無ければ、多分読んでなかったかも
  • 武士の人事
     江戸時代、「寛政の改革」で著名な松平定信の頃。その定信の命で編纂された書物「よしの冊子」を基にした人物評伝。
     有名な鬼平こと長谷川平蔵を初め、老中・奉行といった役人の生々しさが伝わる。個人的に、久世広民という能吏がため息つきながら仕事している、というのは面白かった。
  • 日本の歴史(2) 飛鳥朝廷と仏教 飛鳥~奈良時代
    前巻よりも絵が綺麗で読みやすかったです。また、純粋に漫画としても楽しめるくらいに構成が上手いので、次の展開が気になって仕方ありませんでした。読んでいて全く苦になりません。
    壬申の乱以降の飛鳥時代末期に「日本」「天皇」という言葉が使われ始めたということなので、この時代は日本という国の形ができあがった時...続きを読む
  • 流れをつかむ日本史
    “マスコミが大衆化した世論に訴え、戦争を煽った“
    現代でも本当に気をつけなきゃいけないのは、マスコミだ。

特集