梶尾真治の作品一覧

「梶尾真治」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2024/04/30更新

ユーザーレビュー

  • 未来のおもいで 白鳥山奇譚
    「未来」と書いて「あした」と読むタイトル。タイトル別に並べたらあ行に来てあれ?ってなるのかもしれない。

    以前どこかで買った梶尾真治本の、「時の"風"に吹かれて」に続いてまた別の一冊。こっちは長編だからか、ほのかに読んだことがあるような記憶があるようなないような…
    でも読み進めてて「もしかしたら… ...続きを読む
  • おもいでエマノン

    カジシン作品の完璧な漫画化

    梶尾真治作品、けっこう読んでいますが、実はこれ、未読だったようです。
    ただ、リリカルなカジシン節が見事なまでに炸裂している佳品で、鶴田謙二氏の作品も初読でしたが、あっという間に作品に引き込まれました。
    私もフェリーの旅は好きですが、2等雑魚寝は利用しませんので、その辺も自分の経験に沁みたのでしょうか...続きを読む
  • おもいでエマノン
     とても良い短編だった。どのシーンを切り取っても綺麗で、ストーリーもまた、読み進めるごとに違う良さが姿を表す。
     一冊の漫画で、これほど魅力的なヒロインを描くことができるのは凄い。多分、絵柄や造形というだけじゃなくて、それなりに多くの人が胸中に抱く、ヒロインのイデアみたいなものを、ずるずると引き出し...続きを読む
  • 黄泉がえり
    ずっと昔から大好きな作品。

    熊本県熊本市でのとある出来事をきっかけに,家族・友人・恋人らを亡くした経験を持つ人々の元へ故人が帰ってくるようになる。この現象は『黄泉がえり』と名付けられる。

    生者と(元)死者の交流が,群像的に描かれる。読みやすいタッチで,ストーリーの引きもある。
    ファンタジー,ホラ...続きを読む
  • つばき、時跳び
    NHKラジオ「青春アドベンチャー」で聴いたのをきっかけに、本書を購入。新進作家の主人公が住む、今は亡き祖父母宅。熊本市内を一望できる椿が咲き誇る百椿庵。その宅では、昔から女性の幽霊が出るという。150年前と現代とを結ぶSF恋愛ファンタジー。

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!