怨讐星域I ノアズ・アーク

怨讐星域I ノアズ・アーク

作者名 :
通常価格 869円 (790円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

太陽のフレア膨張による地球消滅から逃れるため、アジソン米大統領と選ばれた3万人だけを乗せた世代間宇宙船ノアズ・アークが、密やかに出航した。残された人々はノアズ・アークを呪い、大統領の娘ナタリーの恋人が発明した星間転移で決死の脱出を図った――。2つの人類の目標は、172光年先にある約束の地。生き残りを賭け闘う人間それぞれの受難、愛憎、そして希望を通して、世界の喪失と再生を描くSF大河ロマン。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / SF(国内)
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
ハヤカワ文庫JA
ページ数
448ページ
電子版発売日
2015年06月03日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

怨讐星域I ノアズ・アーク のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年10月18日

    太陽フレアにより近い将来滅亡が確定した地球。人類という種の存続ため、秘密裏に『約束の地』と呼ばれる惑星を目指し数万人の選民たちを乗せ地球を発ったノアズ・アーク号。その事実を知り、開発された転送技術『ジャンプ』により、ノアズ・アークの目指す惑星へと脱出する人々。そして運命を受け入れ、地球に残ることを選...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月17日

    宇宙版「恩讐の彼方に」でしょうか(怨讐違い?)。不幸な経緯でそれぞれ約束の地を目指すこととなった人類の歴史がゆったりと語られます。社会実験的な側面は、まさしくSFの本質のように思われます。楽をしているような方(宇宙船)も、以外に大変だったりするのが、新鮮でした。題名から、「サラマンダー殲滅」(大傑作...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月10日

    はあ、面白い(溜息)。夢中になって読んだ。

    太陽のフレア化が活発になり、数年後に滅ぶことが必至となった地球にて、新天地を目指す世代間宇宙船に乗った人々と、ジャンプにより見知らぬ惑星で新しい生活を始めた人々と、地球に残った人々の、それぞれの年代記。梶尾真治の本領発揮とばかり感情を思いっきり揺さぶられ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月18日

    3部作の1
    レビューは3巻目に



    「ノアズ・アークの連中に裁きと、地獄の苦しみを与えるためです」

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月04日

    これは面白い。かなり長い話ですが、テンポの良さです。未開の惑星における開拓史、恒星間宇宙船による惑星間移民、滅び行く地球の終末、1粒で3度おいしい本です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月21日

    大きくは長編だが連作短編の形をとっている

    近未来が舞台、太陽フレアより地球滅亡が予想

    1.こっそり世代間宇宙船を開発し脱出したアメリカ大統領ご一行
    2.1の出発後に発明された転送装置を用いて星間転移した人たち
    3.地球に残ることを決めた人たち

    2の人たちは、1の人たちに裏切られたことを知り、目...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月23日

    面白かった。
    突っ込みどころが多くやや難ありの設定だが、文字通り体一つで放り出された世界でサバイバル、世代を重ねて文明世界を築きあげてゆく、スナーク狩りなど思わずニヤリとする場面もあり、わくわく感がある内容だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月21日

    地球滅亡を知った一握りの特権階級の人々と、選ばれた技術者たちだけが、恒星間宇宙船で脱出した。
    数世代後にしか到達出来ない、はるかな『約束の星』を目指して…

    様々な立場の人々の視点から描かれた連作シリーズ。
    設定としてはありがちだけど、たぶん、滅亡もの、パニックものというだけではない着地点への第一巻...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月11日

    正直なところあまりタイトルは好きではないのですが内容はそんなこととは関係なく面白い。SFです。二つの話が同時に楽しめるようなお得感もあります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月11日

    太陽フレアによる地球滅亡の危機が到来した。人類はどのように対処するのか。対処方法としては2つ。秘密裏に選ばれたごく一部の人々が宇宙船で新しい地球に移住する。テクノロジーの進歩によるテレポーテーション技術による新しい地球への移住(ジャンプ)。

    よくある設定だとは思うが、宇宙船に乗船できるのは人類のご...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

怨讐星域 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 怨讐星域I ノアズ・アーク
    太陽のフレア膨張による地球消滅から逃れるため、アジソン米大統領と選ばれた3万人だけを乗せた世代間宇宙船ノアズ・アークが、密やかに出航した。残された人々はノアズ・アークを呪い、大統領の娘ナタリーの恋人が発明した星間転移で決死の脱出を図った――。2つの人類の目標は、172光年先にある約束の地。生き残りを賭け闘う人間それぞれの受難、愛憎、そして希望を通して、世界の喪失と再生を描くSF大...
  • 怨讐星域II ニューエデン
    滅びの地球から脱出した、2つの人類。その1つは宇宙船ノアズ・アーク内で、結婚して子を産み育てながら172光年先を目指していた。いま1つの人類も、星間転移で到達した約束の地・エデンにて世代を重ねながら、新たな文明社会を築いていた。最初の転移者から数えて第5世代のタツローは、入植を祝う降誕祭の準備に奔走する日々。彼はやがて、歳月を超えて受け継がれたノアズ・アークへの憤怒と憎悪に直面...
  • 怨讐星域III 約束の地
    869円(税込)
    ノアズ・アークは172光年の旅を終え、約束の地・エデンの遷移軌道上に辿り着いた。一方でエデンの住民は、首長アンデルスの号令の下で皆兵化と軍拡を進めていた――全てはノアズ・アーク乗員の皆殺しのために。地球消滅から長い年月を経て、再会を果たす人類の末裔たち……。やがて空前の大災厄がそれぞれに襲いかかるとき、最後に残されるのは積年の怨讐か、それとも――。人間と人間の相剋と未来を問うSFクロ...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

怨讐星域 に関連する特集・キャンペーン