OKAGE

OKAGE

作者名 :
通常価格 1,078円 (980円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ある日、全国各地で子どもがひとり、またひとり、と家族の前から姿を消していった。ある者はひとりで、ある者は複数で。そしてそんな子どもたちが歩く天空からは、エンゼル・ヘアーやキャラクター・カードのお札までもが降ってきたのだ。かつて、江戸時代、数回にわたり大量の人びとが伊勢神宮に参拝し、この現象は「お陰参り」と言われた。時に、お陰参りには、多くの子どもが参加した。突然の、児童大量失踪現象。これは現代のお陰参りなのだろうか。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / SF(国内)
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
ハヤカワ文庫JA
ページ数
624ページ
電子版発売日
2017年10月31日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    梶尾真治初読みはこれ。ジャンル的に微妙だけど私にとっては大好きなSF作家。
    思えば学生時代は周りが面白本薦めてくれてありがたかったなぁ・・・

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月05日

    帯のマンマ家出?誘拐?神隠し?な話から
    ファンタジー世紀末パニック・ミステリー追跡劇で
    ホラーかは微妙。
    ゾンビ、超能力、新生人、超人は幼年期っぽいところか
    親子愛、精神世界と、なんだか色々てんこ盛り。
    厚さのわりにはスイスイ読めるが強い印象は残らなかった。
    つまらないわけではない。
    生き残ることが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年10月26日

    カジシンといや、「サラマンダー殲滅」はるものの、やっぱり、リリカルな短編の書き手ってイメージがあるから、こんなスケール大きな話になってびっくり。
    地元、熊本が舞台になっているのもご愛嬌か。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています