本多孝好の一覧

「本多孝好」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2022/03/23更新

ユーザーレビュー

  • dele3
    本多孝好のdele 3を読みました。
    自分の死後に指定されたデータの削除を請け負うdele.LIFEというサイトのお話です。

    前巻ではサイトの管理人ケイが主人公の真柴祐太郎と関わることになった経緯が語られ、祐太郎はケイと決別します。

    ところが、今巻ではケイが何者かに拉致されてしまいます。
    祐太郎...続きを読む
  • ストレイヤーズ・クロニクル ACT-3
    人間は、肌や瞳の色や見た目の違いから始まり、生まれ育った国や時代や環境、年齢や歩んできた道のりによって、たくさんの個性に分類される。さらに細かく細かく枝分かれしていくと、同じ人間はいない。
    人間の数だけの個性がある中で、とびきり個性豊かで刺激的な「常軌を逸している」登場人物たち。

    ちょこっと出てく...続きを読む
  • MEMORY
    幼馴染み3部作、ついに完結か~

    葬儀屋と文房具屋に絡む短編集。

    まずは、学校イチの、べっぴんさんが幼馴染みとか。悶絶する設定やな。
    異性として意識し始めたら最後、無事に思春期を通過することは出来まい。
    しかもその幼馴染みが好意を寄せている相手は、自分ではなく、自分の兄貴である。めんどくさいけど、...続きを読む
  • MOMENT
    唯一本棚に置いておきたいと思える小説。誰かにおすすめするときは必ずこの小説を伝える。その時の気持ちで読みたい本が変わるが、この本はいつ読んでも面白い。本多先生の書く人物は、どこか捻くれていて感情表現が分かりづらい、だがストーリーが進むにつれて人間らしさが増すことで、ストーリーと合わさり面白さが増える...続きを読む
  • アフター・サイレンス
    13/100
    臨床心理士である高階唯子は警察専門のカウンセラー・事件被害者やその家族をクライアントとする。
    カウンセリングの中で「沈黙」(サイレンス)が多く出てくるが、唯子はその沈黙を非常に大切にする。
    その後(アフター)のために…
    自らが加害者の家族として生きていく

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!