君の隣に

君の隣に

作者名 :
通常価格 836円 (760円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

孤独な少女・翼と、風俗店「ピーチドロップス」のオーナーで大学生の早瀬。二人をつなぐ"大切な人"が姿を消して以来、同業の女の子が行方不明になる事件が界隈で相次ぐ。常連客、担任教師、元警察官――寂しさを抱えた人々が交錯する場所にかけられた、残酷な魔法とは。切ない余韻が迫る、傑作ミステリー。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2018年09月14日
紙の本の発売
2018年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

君の隣に のユーザーレビュー

    購入済み

    グッズ純平 2020年08月19日

    読み始め、デリヘルの話は良く分からないなと思いましたが
    短編でまとまっているので読み進めやすかったです
    だんだんとミステリー要素が集まっていき後半スピード感を持って読めました

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月28日

    人物ごとのパートに分かれていて、どんどん先が気になって仕方がなかった。最下層と呼ばれがちの風俗嬢たちであれ、街を歩いてるサラリーマンであれそこに黒い何かが潜んでいて何がいつ襲ってくるか分からない…。まさに『君の隣に』な感じがして良かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月15日

    この物語で「君」とは誰だろう。それぞれにとっての「君」なのか。

    表紙に小さくある「the place I belong」。自分の帰る、しかるべき場所。

    自分にとってそれはどこだろうとかね、ふと。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月27日

    各章異なる主人公で異なる視点で物語が少しずつ完成していく。読み終わって、ばらばらのはずの各章が一つの線でつながった感じがすごく斬新で素晴らしかった。人生の中の選択は難しくて、ああそういう選択もあるんだと思ったり、最後の選択に感動したり。良い物語だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月03日

    デリヘルをブタイニして、
    経営者、スタッフ、客を踏まえて失踪したオーナーを取り巻く話。
    短編集形式で各章で主役が変わるが、最後で結ばれていい感じでした。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    惚れちまったー

    きんちゃん 2018年10月08日

    最初は、女性が読むべきでないかなーと、思いましたが、読み進むにつれ、各所で話しが繋がってきて、作者の独特の真骨頂が出てきて、ワクワクして、後半は、早く読めました!どんな人か、見てみたいけど、夢見てるだけの方がいいかなーテレビドラマも見ましたが、毎週楽しみにしてました!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月06日

    一見繋がりの無い人達のお話かと思えば 一人の女性に繋がっていた。風俗店のオーナーが大学生だったり デリへル孃のお話かと思えば 小学生が出てきたり 登場人物のキャラが立ってて面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月03日

    3.5

    何かどこかで読んだことあると思いながら読んでたら約2年前に単行本を読んでて再読。

    前はオチがいまいち好きじゃなかったって感想書いてたけど、今回は上手くまとまってたなと思ったからその時々で感じ方は違うのかな?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月10日

    2019.2.5-2.10
    切ないラブストーリー。そうなるのか、という話の顛末。やっぱり一言、「切ない」。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月27日

    愛を知らなかった青年が愛を教えてくれた人を想う。

    大切な人と、寂しさを抱えた人たち。
    少しづつリンクして結末へ・・・。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています