MISSING

MISSING

作者名 :
通常価格 594円 (540円+税)
紙の本 [参考] 607円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

彼女と会ったとき、誰かに似ていると思った。何のことはない。その顔は、幼い頃の私と同じ顔なのだ――。「このミステリーがすごい! 2000年版」第10位! 第16回小説推理新人賞受賞作「眠りの海」を含むデビュー短編集。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2013年05月09日
紙の本の発売
2013年02月
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2020年04月12日

    このミステリーがすごい2000年版第10位。
    短編5編。
    各編それぞれどこか切なさを感じる。
    それとちょっとしたミステリー要素が入ってる?ような気がする。短編なのでサクッと読める。面白かった。
    個人的には「眠りの海」と「蝉の証」が好きな作品。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月12日

    貸してもらって読んだ一冊。
    眠りの海、たぶん好きだよって言われて本当に気に入ってしまった。
    そんなに歪にみえているのかしら。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月30日

    本多孝好さんの短編集。
    一つ一つの物語が素敵です。
    心から揺さぶられたり、ドキドキしたり、色々な事を感じさせてくれる一冊でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月27日

    話の設定というか流れは似ていて
    ”ああ、やっぱり・・・”と思ってしまった所はあるけれど、
    この人の文章というか表現というか物事の捉え方はとても好き。

    ”日本語とそれに対応する英語。
    ありえるはずのないものを勝ち誇ったように並べているところなど、
    たまらなく微笑ましい。”

    身近な人が実際にこう述べ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月02日

    一番、心に残った作品は「蝉の証」でしたが、印象に残った作品は「瑠璃」でした。

    自分が今まで思っていた自分とは違う・・・。
    自分の中の変化に気づいてしまった女の子の話です。

    できれば、変わらない、穏やかな、見知った世界で生きていたい。そう思うけど、実際には、新しい友達ができたり、恋をしたり、大切な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月02日

    MOMENTに引き続き、今度はMISSING。「瑠璃」ってのが良かったという感想が多かったので期待して読んでみました。が、なんか、個人的にはいまいちだったな。「蝉の証」は良かったけど。質的にはMOMENTの方が上に感じます。本屋に行ったら文庫で新作"正義のミカタ"が出てましたぁ~...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    少し重苦しい気持ちに

    k-asano 2019年11月24日

    少し重苦しい気持ちになる内容の話が多い短編集。
    それでも著者の語り口が落ち着いているので作品としてはまずまずの出来だと思う。
    ただ私には合わなかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月07日

    んーーーー、短編自体が私苦手なのだろうか。最後飽きてしまい読まずじまい。「蝉の証」は良かった。眠りの海もまあまあ。瑠璃は、理解しがたい部分もあったけど、よくよく思い返すと、深い話のような気がする。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月30日

    以前読んだ色んな作者の短編が入った短編集で見かけて以来
    気になっていたので読んでみました。
    嫁が学生時代に買ったらしく家にあったので。

    このミステリーがすごい!の10位になって注目された
    ということですが、作品から特にミステリーっぽさを感じませんでした。

    一つ一つの物語はあまり救いのあるものでは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月08日

    本多さんのデビュー短編集。
    余韻が残る短編集でした。
    作品は全部で5つ。

    眠りの海
    祈灯
    蝉の証
    瑠璃
    彼の住む場所

    いずれも、本多さんの作品らしく、軽妙な語り口ながらも「死」を題材とした作品となっています。
    <眠りの海>
    海で自殺しようとした男が語る恋人との回想の物語
    <祈灯>
    妹の交通事故の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています