MEMORY

MEMORY

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
紙の本 [参考] 550円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

葬儀店のひとり娘に産まれた森野、そして文房具店の息子である神田。同じ商店街で幼馴染みとしてふたりは育った。中学三年のとき、森野が教師に怪我を負わせて学校に来なくなった。事件の真相はどうだったのか。ふたりと関わった人たちの眼差しを通じて、次第に明らかになる。ふたりの間に流れた時間、共有した想い出、すれ違った思い……。大切な記憶と素敵な未来を優しく包みこんだ珠玉の連作集。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
264ページ
電子版発売日
2015年07月03日
紙の本の発売
2013年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

MEMORY のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年06月15日

    面白かった。
    何が面白かったといわれると、少しこまりますが。
    淡々と進むぞれぞれのストーリーが、
    なんとなく繋がっていて。
    その空気感が本多さんらしくて、とても心地よかったです。
    最後になにげに書いてあるエンドに最高の余韻を
    感じることができました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月18日

    幼馴染である、文房具屋の倅「神田」と葬儀屋の娘「森田」を第3者視点から描かれた物語。
    「MOMENT」「WILL」過去2作を読んでいるので、安心した気持で読み始められることがGood!

    死というテーマを扱うことの多い作者ですが、好人物が多いので、いつも暖かみを感じられます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月08日

    優しすぎる事で不器用なのが共通点の神田と森野。
    周りから見れば、焦れったくもあり微笑ましくもある2人の温かさ。

    「MOMENT」と「WILL」での一コマを思い出しては、リンクされてる部分を読んで嬉しく思いました。

    最後の話の2人の様子に安堵しました。
    神田と森野を見て、お互いにいいパートナーを持...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月22日

    人の心の奥底にある様々な感情を死というスイッチを使って暖かく、ぐさりとあぶり出す…凄いストーリーテーラー
    そして全篇に漂う温かさ、色々読んで見るかな

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月24日

    つながりをテーマにしていたのかな??
    神田と森野周辺の人たちの生活を書いている?

    最後の神田がラブレターを出した女性の話。
    中学生なのに相手の心がわかるのはすごい。


    全部の本がイヤな性格の人がいないので後味のいい本。こんな人が増えたらいいのになぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月02日

    シリーズものなのに、前の作品からだいぶあけてから読んだので、人間関係とかキャラとか忘れてた。
    それでも独立した短編としてそれなりに楽しめました。
    でもシリーズに含めるというよりはスピンオフみたいな感じなのかな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月07日

    本多孝好氏のmoment,willに登場する神田と森野の周りにいた人物の視点から書いた5話のオムニバス。

    momentとwillで登場してくる場面の話があったり、森野が中学時代に起こした事件が繋がっていたりと2つの小説で出てくる場面とリンクしているところも多くあり、思い出したり、繋がりを発見したり...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月01日

    森野と神田を他者を通してみる短編集。

    森野が中学生の時に
    教師を階段から突き落としたことの真実が明かされる。

    そのことに、きっと理由があったはずだと、神田がとても
    森野を心配する。

    森野両親が高校生の時に亡くなる。

    どうにかしてあげたいのに、森野が自分を必要としていないことに
    苦しむけれど、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月27日

    moment、willに続くサイドストーリー。神田と森野が中学生の頃であったり、大人になってからのことであったり、神田が外国にいる時の話であったり。
    神田と森野が主人公の話ではなく、2人に関わった人たちの目線から物語が展開していく。
    序章の言えない言葉は森野に恋をした男の子が森野の家のガラスを割...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月11日

    stand by books. amazing, amazing. the story is all clear. what a beautiful it. They are in best friends, in lovers and in homeys . unfortunately, i fe...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています