dele

dele

作者名 :
通常価格 704円 (640円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

【あなたの死後、不要となるデータを削除いたします。】

罪の証。不貞の写真。隠し続けた真実。
『dele.LIFE』で働く圭司と祐太郎の仕事は、秘密のデータを消すだけ――のはずだった。

あなたの記憶に刻まれる、〈生〉と〈死〉、〈記憶〉と〈記録〉をめぐる連作ミステリ!



『dele.LIFE(ディーリー・ドット・ライフ)』。
真柴祐太郎がその殺風景な事務所に足を踏み入れたのは、三ヶ月ほど前のことだった。

所長であり唯一の所員でもある坂上圭司いわく、
「死後、誰にも見られたくないデータを、その人に代わってデジタルデバイスから削除(delete)する。それがうちの仕事だ」。
誰かが死ぬと、この事務所の仕事が始まるのだ。

新入りの祐太郎が足を使って裏を取り、所長の圭司がデータを遠隔操作で削除する。
淡々と依頼を遂行する圭司のスタンスに対し、祐太郎はどこか疑問を感じていた。

詐欺の証拠、異性の写真、隠し金――。
依頼人の秘密のファイルを覗いてしまった二人は、次々と事件に巻き込まれる。

この世を去った者の〈記録〉と、遺された者の〈記憶〉。
そこに秘められた謎と真相、込められた切なる想いとは。


『MISSING』『MOMENT』『WILL』などで「生」と「死」に直面した人々を描いてきた著者が、
今だからこそ書き得た新たな代表作。

≪dele=ディーリー。校正用語で「削除」の意。≫

※本書は、二〇一七年六月に小社より刊行された単行本を加筆修正の上、文庫化したものです。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2018年05月25日
紙の本の発売
2018年05月
サイズ(目安)
2MB
  • アニメ化

    「dele(ディーリー)」

    2018年7月27日~ テレ朝系
    出演:山田孝之、菅田将暉、麻生久美子

関連タグ:

dele のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年10月10日

    『dele』本多孝好 著

    1.職業 消去屋
    弁護士事務所を経営する姉。
    その弟が経営する事務所はその姉の事務所と業務提携をしている。
    職業は消去屋。
    依頼者が死亡後、依頼者の指示した時間以内に、指定されたデバイスのログを消去するという内容。

    2.2人の登場人物。
    消去屋の所長は、仕事のプロフェッ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    おもしろかった。

    a 2021年02月17日

    ドラマがおもしろかったので原作を読んでみました。ドラマとは違う内容で、世界観は同じ。そのため無理なくドラマの配役のまま脳内再生できました。読んでよかったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月10日

    本多孝好のdele(ディーリー)を読みました。

    主人公の真柴祐太朗は dele.LIFE というサイトを運営している坂上圭司に雇われています。
    dele.LIFE は依頼人の死後(具体的にはパソコンやスマフォが一定時間以上操作されないとき)指定されたフォルダの内容を削除するという依頼を受けています...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月22日

    ドラマで知りました。
    ドラマとは若干話は異なりますが、もう山田孝之と菅田将暉のイメージで読みました。
    実際に存在しそうな現実味もこめて、面白くあっという間に読めました!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月27日

    以前テレビドラマを何話かは観たのですが、たまたま書店で手に取って読んでみました。イメージはドラマの配役の通りで脳内で再現しつつ読んでます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月17日

    ドラマが面白かったので「これは原作を読まねば」と購入した本。
    当時、わくわくしながら読み始めたけれど、厳密には『原作』とはちょっと違った。良い意味で裏切られた。設定や世界観は同じだから入り込み易いし、圭司と祐太郎のセリフは山田孝之&菅田将暉で再生余裕でした。

    本作で一番泣いたのは「ドールズ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月15日

    ドラマを見ていなくて小説で初めて作品を見ました。
    「依頼者の死後にデジタルデバイスから指定された情報を消去する」という設定が、一般的によくある「故人ことを忘れない」というのとは逆ベクトルであるのが興味を引いて読んでみようと思いました。

    仕事を淡々とこなす上司の圭司、それに対し淡々と情報を消すことに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月16日

    金城さんファンとしては読まざるを得ない作品。山田孝之と菅田将暉で脳内再生されて、ドラマの続きを見れた感覚になれました。
    ありがとうございます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月31日

    ファースト・ハグ
    シークレット・ガーデン
    ストーカー・ブルーズ
    ドールズ・ドリーム
    ロスト・メモリーズ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月08日

    ドラマ化した小説。死後のデータの扱い、プライバシーを優先するか生きている人のために使うか。それぞれの話によって考えさせられる。エピソードは短いものだが、余韻は深い。(折田)

    このレビューは参考になりましたか?

dele のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • dele
    704円(税込)
    【あなたの死後、不要となるデータを削除いたします。】 罪の証。不貞の写真。隠し続けた真実。 『dele.LIFE』で働く圭司と祐太郎の仕事は、秘密のデータを消すだけ――のはずだった。 あなたの記憶に刻まれる、〈生〉と〈死〉、〈記憶〉と〈記録〉をめぐる連作ミステリ! 『dele.LIFE(ディーリー・ドット・ライフ)』。 真柴祐太郎がその殺風景な事務所に足を踏み入れたのは、三ヶ月ほど前のことだった。 所長であり唯一の所員でもある坂上圭司いわく、 「死後、誰にも見られたくないデータを、その人に代わってデジタルデバイスから削除(delete)する。それがうちの仕事だ」。 誰かが死ぬと、この事務所の仕事が始まるのだ。 新入りの祐太郎が足を使って裏を取り、所長の圭司がデータを遠隔操作で削除する。 淡々と依頼を遂行する圭司のスタンスに対し、祐太郎はどこか疑問を感じていた。 詐欺の証拠、異性の写真、隠し金――。 依頼人の秘密のファイルを覗いてしまった二人は、次々と事件に巻き込まれる。 この世を去った者の〈記録〉と、遺された者の〈記憶〉。 そこに秘められた謎と真相、込められた切なる想いとは。 『MISSING』『MOMENT』『WILL』などで「生」と「死」に直面した人々を描いてきた著者が、 今だからこそ書き得た新たな代表作。 ≪dele=ディーリー。校正用語で「削除」の意。≫ ※本書は、二〇一七年六月に小社より刊行された単行本を加筆修正の上、文庫化したものです。
  • dele2
    704円(税込)
    消えゆく記憶。削除(=dele)された真実。 驚愕と感涙のミステリ、待望の第2弾。 『dele.LIFE(ディーリー・ドット・ライフ)』は、依頼人が死んだときに動き出す。 故人より託された秘密のデータを削除するのが、この会社の仕事だ。 所長の圭司の指示を受けて依頼人の死亡確認をする祐太郎は、 この世と繋がる一筋の縁を切るような仕事に、いまだ割り切れないものを感じていた。 そんなある日、祐太郎の妹・鈴が通っていた大学病院の元教授・室田から依頼が舞い込む。 難病を患い、新薬の治験中に死亡した鈴。その真相に二人は近づくが……。
  • dele3
    704円(税込)
    あなたの死後、不要となるデータを削除します。 ――『dele.LIFE(ディーリー・ドット・ライフ)』 各所から絶賛されたドラマ「dele」の小説版、待望の続編! 故人より託されたデータを極秘に削除する会社『dele.LIFE』。 その所長、坂上圭司が姿を消した。 リサイクルと遺品整理のアルバイトをしていた真柴祐太郎は、圭司の姉・舞からその話を聞き、かつての雇い主を捜し始める。 だが、手がかりと思しきファイルは得体の知れぬ陰謀へと繋がっていき――(「リターン・ジャーニー」)。 誰からも愛された女子中学生が自殺した。彼女の死と、遺されたデータの謎に迫る「スタンド・アローン」を含む全2篇。 データに込められた秘密や想いが胸を震わす、記憶と記録をめぐるミステリ。 待望の第3弾!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています