羽根田治の一覧

「羽根田治」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2021/03/05更新

ユーザーレビュー

  • ヤマケイ文庫 ドキュメント 道迷い遭難
    私自身が単独行が多いので読んでいてとても怖かった。ありえると思います。気をつけてはいますがヒヤッとしたことも何度か。ガーミンやスマホでGPSはオンにしていますが、もっともっと慎重に行動しようと思います。
  • ヤマケイ文庫 人を襲うクマ―遭遇事例とその生態
    山岳遭難を多数取り扱われている羽根田治氏によるクマ被害を扱う一冊。
    地元猟師の声、九死に一生を得た方々の生の声は恐ろしさをリアルに伝えてくる。ヒグマよりツキノワグマの方が人身事故数が多いのは意外だったが、
    ヒグマの死亡率は30%以上と高いし、顔面を狙うことも多い。
    決定的な対策も無い。
    熊よけのため...続きを読む
  • 十大事故から読み解く 山岳遭難の傷痕
    死者に鞭打つ感じが無いのは、丁寧に結論を急がずに遭難の模様を検証しているからだろうと思った。上っ面だけ知っていた昔の遭難が知れたので読んで良かった。
  • ヤマケイ文庫 人を襲うクマ―遭遇事例とその生態
    羽根田治『人を襲うクマ―遭遇事例とその生態』ヤマケイ文庫。

    最近急増するクマによる襲撃事件の実態とその原因に迫るノンフィクション。

    確かに近年、特にツキノワグマによる襲撃事件の被害や目撃をよく耳にする。著者によれば里山の生態系が破壊され、クマの好物のクマザサが枯れ、広葉樹も減少したことでクマが手...続きを読む
  • ヤマケイ文庫 ドキュメント 気象遭難
    小西浩文とゆかいな仲間たちが強すぎる、とネットで見て購入。

    「遭難しないためにはケーススタディが大切」
    とのことでまとめられた本書は関係者からの話、山岳気象研究をされてる方の話、天気図など解説が充実してました。
    読み応えがあります。

    特に冬編は山岳部やプロの登山家の話で、趣味とプロと...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!