羽根田治のレビュー一覧

  • ドキュメント生還-山岳遭難からの救出
    7名の遭難者の方々の当時の状況・心境、対処法がかなりリアルに書かれています。

    ガイドブックに書かれていない、読んでてゾッとする面もありました。

    でもその分、頭にイメージがついて「気をつけなければならないポイント」がよくわかりました。

    あとは読んだ事をどう活かしていくのか、気をつけなければ!

    ...続きを読む
  • ヤマケイ文庫 ドキュメント 滑落遭難
    久々に遭難シリーズ。

    山に登らない私ですが、何故かひきこまれる本です。
    今回は滑落をテーマに書かれてます。
    軽装備でエイドキットも持たずに滑落し亡くなるケースや、逆にあれこれ持ちすぎてザックが重くなり滑落してしまったのではないかというケースがあったりと、結局生死の境目なんて、運なんじゃないんだろう...続きを読む
  • ドキュメント生還-山岳遭難からの救出
    私は山登りはしませんが、少し興味を持ったので手に取ってみました。
    淡々と書かれていてとても読みやすく、時々ゾクッとするような描写もリアルで大変惹き込まれました。
  • ヤマケイ文庫 ドキュメント 道迷い遭難
    遭難した方達のお話が載っていてとても勉強になりました。遭難したら元の道を戻るとか下に降りてはいけないとか鉄則があるにもかかわらず人は先に進んでしまうし下に降りてしまう。非行や不倫もそんな感じかなあと、遭難について考えるとともにいろいろ勉強になりました。そして人はこの本を読んでもやっぱり鉄則を守らず遭...続きを読む
  • 生死を分ける、山の遭難回避術:実例に学ぶリスク対策の基礎知識
    山で遭難しないためにリスクマネジメントが必要という認識はあるが何をすればいいか分からない、という人の最初の1冊に適していると思う。
  • 人を襲うクマ
    ヒグマよりツキノワグマのほうがずっと人を襲っているという事実に驚いた
    アメリカクロクマより日本のツキノワグマのほうが攻撃性が高いのではという仮説もあるらしくこれからの研究に期待
  • ドキュメント生還-山岳遭難からの救出
    山登りはしないけど、いざというときの思考や行動に学ぶべるところがあるのではないかと思って

    焦る気持ちや家族が心配してるんじゃないかとかあるのに、覚悟を決め動かずに救助を信じて待っていて、すごい
    足が折れてしまったのに頑張り続けた人、目の前に車の通る道が見えているのは絶望感がすごかったのでは…
  • ドキュメント生還-山岳遭難からの救出
    ごく普通の山好き市民たちが遭難し、生還を果たす。なぜ彼らは遭難したのか、そして、どんな感情と行動で山中を過ごし、生還したのかをインタビューしたドキュメンタリー。

    考えさせられるのは、ささいな不注意で山の自然に飲み込まれてしまう人間の弱さと、その一方で絶対的な窮地で開き直ったときの人間の強さだ。

    ...続きを読む
  • 人を襲うクマ
    読み終わってホッとしたのは、クマを恐れる必要はない、ということ。
    語弊があるかもしれない。クマに遭遇してしまったら、こうすれば助かる!というセオリーはありません。しかし、クマの生息域に入り込んでいく場合は、いつでもクマに出逢う危険があることは認識しなければならない。だから、クマのいそうなところに行か...続きを読む
  • 空飛ぶ山岳救助隊  ヘリ・レスキューに命を懸けた男、篠原秋彦
    ヘリによる山岳救助の草分け、東邦航空の篠原秋彦氏が題材。単行本の副題がヘリレスキューに命を懸ける男、だったが、文庫本ではヘリレスキューに命を懸けた男、に。救助活動中に救助ネットから転落死したとのこと。その後、東邦航空はレスキューから姿を消し、代わりに警察ヘリによるレスキューが主流になった。
  • ヤマケイ文庫 ドキュメント 道迷い遭難
    おかしいなと思ったら引き返せ。
    沢は絶対に下ってはいけない。
    一般的な人間の心理を知っておくことはとても重要だ。

    2017.8.26
  • ヤマケイ文庫 ドキュメント 気象遭難
    どの事例も、一読の価値あり。本当にいろいろなケースがある。こういう状況になりたくは絶対にないが、知っておかなくちゃいけない。まとめて下さり、また話して下さりありがとうございます。

    2017.8.6
  • ヤマケイ文庫 パイヌカジ 小さな鳩間島の豊かな暮らし
    ハチャメチャなドタバタ喜劇である 夏目漱石の坊ちゃんの世界に通ずる。生まれた赤ちゃんが隣のおじさんそっくり的な何が何だ的な・・・事件で有り、日常で有り そこんとこ宜しくであり・・・
  • ドキュメント 単独行遭難
    単独行の自由、気楽さとリスクマネージメント。一概に単独行をやめましょうという簡単な話でない。私は仲間との登山がもっぱら多いが、自分がリーダーの時とそうでない時、やはり気持ちの引き締まりが違う。
    そして登山届の大切さ。学ぶことがまだまだある。

    2016.8.26
  • ドキュメント生還-山岳遭難からの救出
    遭難に巻き込まれた時の人の心の動きを知ること。人はどのような心理状態に陥って、どのような行動をとるのか。

    2016.8.22
  • ドキュメント生還-山岳遭難からの救出
    山で遭難そしてそこから救助されるまでの7話。
    本編前の「はじめに」から、ひきこまれた。
    どれも強烈な印象で 映画やドラマのような話なのだけど 全て現実で起こったこと。本当にこわい。

    ラストの大山は衝撃的。
    大山といえば小学校の登山遠足で行った場所。登山慣れしてる人でもそんな低山で....気の緩みっ...続きを読む
  • ヤマケイ文庫 ドキュメント 道迷い遭難
    いかに引き返すことが難しいか、自分に都合よく判断してしまうことを止められないか、事前にきちんと準備をしておくことがなかなかできないか、がよくわかる。
  • ドキュメント 単独行遭難
    単独行で遭難した事例が7例出てくる。

    道迷い(による下山遅れ)が2
    滑落(による負傷で行動不能)が3
    熱中症による行動不能が1
    悪天候による下山遅れが1

    このうち、両神山で滑落して動けなくなり、
    2週間ぶりに奇跡的に生きて級もされたケース。
    これには感動して泣きました。
    ほんとうに素晴らしいし、...続きを読む
  • ドキュメント 単独行遭難
    自由気ままな”気楽さ”と引き換えに、
    自分の命を危機に晒しているリスクを教えてくれます。

    普段は科学技術に囲まれて生活していますが、
    大自然の中にたった放り込まれたときの、無力さを感じました。

    経験が浅いにもかかわらず、自分もよく単独登山に行っていたため、
    読みながら冷や汗をかきました。
    次回か...続きを読む
  • ヤマケイ山学選書 山でバテないテクニック
    日本の山でトラブルが多いのは、

    ・人が住んでいるすぐ近くに山がある
    ・特別な入山料や手続が不要

    という、世界的に見るとけっして当たり前ではない恵まれた環境によるところが大きい。世界で一番多く死者を出しているのは谷川岳で、800名近くが亡くなっている。これはエベレストを含む8000m峰14座全ての...続きを読む