ヤマケイ山学選書 山でバテないテクニック

ヤマケイ山学選書 山でバテないテクニック

作者名 :
通常価格 737円 (670円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

山登りをやっている人ならば、バテた経験は一度や二度ではないはず。
まして初心者ともなれば、バテに関する不安は大きいことだろう。
すべての登山者にとって、最も大きな不安の種がバテなのである。

本書では「山でのバテとは」でまず登山中に起こるバテについて紹介。
次に「体とバテのメカニズム」でなぜバテるか、を考えます。
そして「山でバテないための栄養学」「山でバテないためのトレーニング」で具体的な方法を掲載。
さらに「山でバテない25のテクニック」では登山中の行動、ウェアリングなどでバテないためのテクニックを紹介しています。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
スポーツ・アウトドア / アウトドア
出版社
山と溪谷社
掲載誌・レーベル
ヤマケイ山学選書
ページ数
240ページ
電子版発売日
2016年07月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
90MB

ヤマケイ山学選書 山でバテないテクニック のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年09月18日

    日本の山でトラブルが多いのは、

    ・人が住んでいるすぐ近くに山がある
    ・特別な入山料や手続が不要

    という、世界的に見るとけっして当たり前ではない恵まれた環境によるところが大きい。世界で一番多く死者を出しているのは谷川岳で、800名近くが亡くなっている。これはエベレストを含む8000m峰14座全ての...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    やっぱり筋トレは大事なんですね。でも、ストイックでなかなか長続きしません。日常生活の中で継続的にできるちょっとしたトレーニングを続けていこうと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月17日

    山のバテの要因を体系的に紹介し、バテないための方策を栄養学とトレーニングの視点で解説。また、登山中でバテない25のテクニックを紹介。分かりやすい。好著。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月02日

    山登りは楽しい。けだし、思いのほか疲れるもの、ということは経験上分かった。じゃ、どうしたら疲れを最少に抑えられるか。初心者に分かりやすくポケットサイズにまとめられた一冊。
    はじめに登山中に起こり得る「バテ」のケース紹介、次に「バテ」のメカニズム、「バテ」を防ぐための栄養学とトレーニング(日常生活レベ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月09日

    登山中のバテをどのようにして防止できるかを多様な観点から説明している。例えば、食事、睡眠、精神的疲れなどである。
    それほど新しいことは書いてあるように思えなかったが、参考にはなった。
    なお、ストレッチや体操の項目は動きの種類が多すぎて、実用的ではないと感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月15日

    ちょっと古い本ではあるが、今でも十分に役立つ。

    バテを例示し、メカニズムを解き明かす。バテとはエネルギー源の不足で、有酸素系エネルギーと、乳酸を生む無酸素系エネルギーがある。
    体力は行動体力と防衛体力から成る。両方を鍛える必要がある。
    栄養学、トレーニング方法、バテを防ぐ具体的なテクニックが示され...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月01日

    キリマンジャロに一緒に登った友からもらった。取り立てて目新しことが書いてあるわけではないが、勉強になる。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています