ドキュメント 単独行遭難

ドキュメント 単独行遭難

作者名 :
通常価格 1,408円 (1,280円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

『ドキュメント遭難』シリーズの単独行編。 増加の一途をたどる山岳遭難事故のなかでも、例年高い割合を占めているのが単独行者の事故。
2010年度の警察庁の統計によると、全遭難者数2396人のうち、単独行だったのは前年より120人も多い787人で、全体の32.8%を占める高い割合となっている(遭難者『ドキュメント遭難』シリーズの単独行編)。 増加の一途をたどる山岳遭難事故のなかでも、例年高い割合を占めているのが単独行者の事故。
2010年度の警察庁の統計によると、全遭難者数2396人のうち、単独行だったのは前年より120人も多い787人で、全体の32.8%を占める高い割合となっている(遭難者の3人にひとりが単独行者となる計算)。
また、単独行の遭難者のうち死者・行方不明者は、全単独遭難者の21.6%にあたる170人で、パーティを組んでいる(2人以上の)登山者における死者・行方不明者の割合(7.7%)と比較すると、約2倍となっている。
単独行における遭難のリスクの高さはかねてから指摘されているところであり、警察や民間の救助隊は長年にわたって「単独行は控えるように」と登山者に呼び掛けてきた。 しかし、単独行の人気は依然高く、近年は若者の単独行者も増えつつある。


本書は、山岳遭難関連書の第一人者、羽根田治氏が、単独行遭難の実例を詳細にレポート。
単独行という形態を否定するのではなく、過去の遭難事例を検証することによって、単独行を楽しむために登山者が行なうべきリスクマネジメントについて考える。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
スポーツ・アウトドア / アウトドア
出版社
山と溪谷社
ページ数
224ページ
電子版発売日
2016年07月22日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
25MB

ドキュメント 単独行遭難 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年08月26日

    単独行の自由、気楽さとリスクマネージメント。一概に単独行をやめましょうという簡単な話でない。私は仲間との登山がもっぱら多いが、自分がリーダーの時とそうでない時、やはり気持ちの引き締まりが違う。
    そして登山届の大切さ。学ぶことがまだまだある。

    2016.8.26

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月30日

    自由気ままな”気楽さ”と引き換えに、
    自分の命を危機に晒しているリスクを教えてくれます。

    普段は科学技術に囲まれて生活していますが、
    大自然の中にたった放り込まれたときの、無力さを感じました。

    経験が浅いにもかかわらず、自分もよく単独登山に行っていたため、
    読みながら冷や汗をかきました。
    次回か...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月01日

    気象遭難、滑落遭難を読み、こちらも読むことに。
    今回は単独行なので、遭難の原因は色々あり、また一人で対処しないといけないし、どうなるんだろうと読み進めた。
    二週間近く遭難していた話は読み応えがあった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月18日

    リアル。咄嗟の判断が運命を分ける。
    私の鈍い日常でも、そういったことが少しずつ私の運命を動かしているのだろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月10日

    単独で登山にいって遭難した7件について当事者のインタビューを交えてなにが起きたのかを淡々と記述してあります。当事者のコメントがあるので全員生還してます。

    だいたいパターンは決まってて、道に迷う、怪我をする、携帯電話が繋がらない、どうしよう。。。

    当事者の行動は、迷ったかもと思ってもすぐに引き返さ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月03日

    単独行はしたことないが、改めてそのリスクを考えさせられた。


    遭難してから救助されるまでのストーリー集の中には、滑落して重傷を負い14日間ほぼ身動きが取れないながらも奇跡的に生還したエピソードもあった。


    山で生きるか死ぬかの遭難事故にあったとき、自分だけで解決できなければ家族や救助隊など多くの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月15日

    本書はフリーライター羽田治による、ドキュメント「遭難」シリーズの第4弾で、単独行による遭難7件についてまとめたものである。

    内容的にはシリーズの「滑落遭難」および「道迷い遭難」と類似した内容となっている。にもかかわらず、綿密な取材により単独行者の心情や状況がリアルに描かれており、相変わらず読ませる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月15日

    タイトル通り、単独での登山で遭難した7つの話が載っています。(ただし、ラストのケースは例外)
    当日の持ち物やコース、遭難してしまった原因も本人達の言葉で振り返っています。
    専門用語は出てきますが、登山を全くしない私でも読みやすい文章でした。
    遭難はなにも初心者だからするというのではなく、油断や思い込...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月10日

    私は水面の単独行が好きなのですが、他山の石とします。

    常に自然に敬意をはらって行動せよ、と肝に命じておこう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月06日

    大してロクな山に登った事が有るわけではないが、予定に気を使わない事と人を気にしなくて良い気楽さで単独行ばっかりな僕にとっては良い参考になります。このシリーズ、作者が後に検証のため山に入っていることで文章に重みが出ているのが気に入っている。ホント他人事ではなく気を付けないとね。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています