「河合祥一郎」おすすめ作品一覧

「河合祥一郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/11/30更新

ユーザーレビュー

  • 不思議の国のアリス
    見て楽しい、読んで楽しい一冊でした。
    昔読んだのを、新しく買って読みましたが、イラストが可愛く、文字の羅列に遊び心があり、また、言葉遊びがふんだんに散りばめられていて、児童小説ながら感動してしまいました。
    ルイス・キャロルからの不思議の国への優しい導き方と、最後にはクイズが付いている!!
    ロリコンと...続きを読む
  • オイディプス王
    ギリシアを学ぶに、ホメロスとプラトン、アリストテレスで足りるわけはないと思いつつ、でも、全部は無理やん
    フロイトとかに繋げれることも思うと、とも思うし、ギリシア悲劇を完全無視とはいかんでしょう

    結論はしっているのに、この迫力、思わず涙が滲む

    徹底した凋落と、全ては過去のこと、ということ
    真実が明...続きを読む
  • 100年後も読まれる名作(7) 赤毛のアン
    絵がかわいくて、文章も読みやすく小学校低学年の女の子が読むのにピッタリです。
    これで興味をもって、もう少し長い文章が読めるようになった頃にちゃんとしたのをよむきっかけにもなれば。
  • オイディプス王
    戯曲
    かかった時間50分

    父を殺し、母と交わる運命を追った王オイディプスを描いたギリシャ悲劇の傑作。

    解説によると、アリストテレスはこの作品について、「逆転」と「認知」が見事に描かれていると評したそうである。アポロンの神託を受けて、自分ではない罪びとに憤るオイディプス王が、ライオスが亡くなった状...続きを読む
  • 新訳 ナルニア国物語 (1)ライオンと魔女と洋服だんす
    やっぱりこのお話おもしろい。聖書をなぞりすぎているところはあるんだけど、イメージが豊かであざやかな絵が浮かんでくるところがすばらしい。

    つばさ文庫は、大人が読むにはどうしても絵がじゃまになるんだけど、河合さんの訳文はとてもクリアで、淡々としすぎてもおらず、河合訳ならではの語りがあると思う。光文社版...続きを読む

特集