新訳 ナルニア国物語 (1)ライオンと魔女と洋服だんす

新訳 ナルニア国物語 (1)ライオンと魔女と洋服だんす

作者名 :
通常価格 726円 (660円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「え!? 私たち、魔法の国の王様になるの!?」 ――扉のむこうはふしぎの国でした。史上最高のファンタジー! 【映画にもなった名作!】

●ママたちとはなれ、いなかの風がわりな教授の家にあずけられた四人の兄妹。 家の中を探検してると、末っ子のルーシーが大きな洋服だんすをみつけます。 ふと開けてみると、たんすのむこうは悪い魔女が支配する魔法の国ナルニアでした! 「この国を救うために、私たちが王様に!?」 命がけの冒険をへて、四人はふしぎなライオン“アスラン"とともに、魔女に戦いを挑みます! 世界中で愛される超名作をたくさんの絵と新訳で!

●悪い魔女は、四人兄妹の三番目エドマンドに魔法のターキッシュ・ディライトをあげました。 それは、あまくて、ふんわりとした、でも死の呪いのかかったお菓子でした。 「あなたの兄妹たちもつれてきてちょうだい。そしたら、もっと食べさせてあげるわ」 【映画にもなった、史上最高のファンタジー!!】

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川つばさ文庫
電子版発売日
2017年10月20日
紙の本の発売
2017年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
11MB

新訳 ナルニア国物語 (1)ライオンと魔女と洋服だんす のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年03月17日

    やっぱりこのお話おもしろい。聖書をなぞりすぎているところはあるんだけど、イメージが豊かであざやかな絵が浮かんでくるところがすばらしい。

    つばさ文庫は、大人が読むにはどうしても絵がじゃまになるんだけど、河合さんの訳文はとてもクリアで、淡々としすぎてもおらず、河合訳ならではの語りがあると思う。光文社版...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

新訳 ナルニア国物語 のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 新訳 ナルニア国物語 (1)ライオンと魔女と洋服だんす
    「え!? 私たち、魔法の国の王様になるの!?」 ――扉のむこうはふしぎの国でした。史上最高のファンタジー! 【映画にもなった名作!】 ●ママたちとはなれ、いなかの風がわりな教授の家にあずけられた四人の兄妹。 家の中を探検してると、末っ子のルーシーが大きな洋服だんすをみつけます。 ふと開けてみると、たんすのむこうは悪い魔女が支配する魔法の国ナルニアでした! 「この国を救うために、私たちが王...
  • 新訳 ナルニア国物語 (2)カスピアン王子と伝説の角笛
    「ナルニアに魔法を取りもどせ!」――世界をすくうカギは4人と王子の信じる力? 【新訳で名作が読みやすい!!】【絵30枚】 ●夏休みがおわり、ルーシーたち四人兄妹は寄宿学校へ帰るため、駅で列車をまっていました。すると、ふしぎな力がはたらいて、あっというまに別世界へ…。「ここはナルニア?」――でも、なにかがちがいます。なんとそこは、ミラーズ王によって、物言う動物も妖精もなかったことにされた...
  • 新訳 ナルニア国物語 (3)竜の島と世界の果て
    「黒いつばさ、ごつごつしたうろこ… ぼくは巨大な竜になった」 【新訳で名作が読みやすい!!】【絵33枚】 ●あらすじ ルーシーとエドマンドは意地悪ないとこのユースタスとともに、ふたたびナルニアへ! カスピアン王やネズミの騎士リーピチープと再会し、行方不明の7人の貴族を探す《夜明けのむこう号》の船旅に同行しますが、それは涙とドキドキの連続でした。 人が竜に変身する島、すべてを黄金にかえる...
  • 新訳 ナルニア国物語 (4)銀のいすと巨人の都
    「ヒントは4つのしるし?? 行方不明の王子を探しだせ!」 【新訳で名作が読みやすい!!】【絵29枚】 ●あらすじ ユースタスといじめられっ子の同級生ジルは、アスランに呼びだされ、ナルニアへ。 年老いたカスピアン王の行方不明の王子を探しだすように、命じられます。 そしてヒントとなる《四つのしるし》をあたえられますが…。 フクロウ会議、巨人の都、地下の国――根暗すぎる男、沼むっつりも仲間にくわわ...
  • 新訳 ナルニア国物語 (5)しゃべる馬と逃げた少年
    ●あらすじ 南国の少年シャスタはいつも父になぐられ、こき使われてきました。 ところが、その父が実の親ではなく、自分を人買いに売ろうとしていることを知り、自由の国ナルニアへ逃げだします。 ともに逃げてくれたのは気取った馬ブリー。貴族の娘やその雌馬もいっしょです。 旅の途中、シャスタは自分そっくりの王子といれかわることに。そのせいでナルニアへの秘密の攻撃計画を知りますが…。 なつかしい...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています