務台夏子の一覧

「務台夏子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/03/15更新

ユーザーレビュー

  • 償いの雪が降る
     後悔のない人生なんてない。もう二度取り戻すことのできない失敗の記憶は誰にだってある。そしてそれは、時には、誰にも告げられぬ心の奥の真実である。魂の重荷として人生に付き纏う、影みたいな存在である。本書は、逆境としか見えない家族……アル中で性悪な母と、自閉症の弟、父はそもそも誰であるか知らない……から...続きを読む
  • そしてミランダを殺す
    ミステリー小説も進化を続け行くんだなぁ、私たち読者はその過渡期を歩んでいるんだなぁという幸福感を味わえた。

    4人の男女の章ごとの人称で過去から現在まで見渡せる。ただ、第二部が終わった時点でもう登場人物が……そして、新たな人間の語り口が始まり展開に驚かされる。おわり一ページのその後にまた揺すぶられる...続きを読む
  • 償いの雪が降る
    ジョーはミネソタ大の学生。お金が無くて大変な生活をしている。母親は飲酒運転をするような人で、弟は自閉症。実家からは離れられた。大学の授業で伝記執筆という課題があるが、話を聞ける祖父母がいないので、老人ホームに行って誰かインタビューさせてもらえないかと頼んだ。すると紹介してくれたのは、30年前に14歳...続きを読む
  • 償いの雪が降る
    ひとりの人生を狂わせた殺人事件。過去の事件の真相は。末期ガンのカール。主人公ジョーが事件を調べると見えてくるカールの過去や人となり。カールの孤独や寂しさ、そういうものがある。静かな空気の中に理不尽なことや辛いこと苦しいことが描かれていてでもジョーの優しさもあったりして辛いだけの作品ではなくあたたかく...続きを読む
  • そしてミランダを殺す
    「本の雑誌」本体のミステリーベスト10からピックアップした最後の1冊。
    2018年のランキングで「カササギ殺人事件」の後塵を拝したこの作品ではあるが、池上冬樹になるこのベスト10ではこちらが第1位。洗練された俗っぽさも含めて私もこちらが好きだなぁ。
    実業家のテッドが空港のバーで見知らぬ美女リリーに出...続きを読む