ケイトが恐れるすべて

ケイトが恐れるすべて

作者名 :
通常価格 1,119円 (1,018円+税)
紙の本 [参考] 1,210円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ロンドンに住むケイトは、又従兄のコービンと住まいを交換し、半年間ボストンで暮らすことにする。だが、到着した翌日に、アパートメントの隣室の女性オードリーの死体が発見される。オードリーの友人と名乗る男や、アパートメントの向かいの棟の住人の話では、彼女とコービンは恋人同士だが、まわりには秘密にしていたという。そしてコービンはケイトに、オードリーとの関係を否定する。嘘をついているのは誰なのか? 見知らぬ他人に囲まれた、ケイトの悪夢の四日間が始まる。ミステリ界を席巻した『そしてミランダを殺す』の著者の衝撃作!/解説=川出正樹

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外ミステリー
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元推理文庫
ページ数
445ページ
電子版発売日
2019年08月09日
紙の本の発売
2019年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

ケイトが恐れるすべて のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年01月12日

    ロンドンに住むケイトは又従兄のコービンと住居を交換し、半年間ボストンのアパートメントで暮らすことにする。だが新居に到着した翌日、隣室の女性の死体が発見される。女性の友人と名乗る男や向かいの棟の住人は、彼女とコービンは恋人同士だが周囲には秘密にしていたといい、コービンはケイトに女性との関係を否定する。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月28日

    これも面白かった!!
    前作『そしてミランダを殺す』では、語り手の視点がどんどんと入れ替わり『狩られる者が狩る者となり、そして狩る者が狩られる者となる』というジェットコースターサスペンスミステリーとして非常に楽しめたが、本作『ケイトが恐れるすべて』も前作『そしてミランダを殺す』と同等、いやそれ以上のサ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月17日

    人物描写が深くて丁寧。登場人物が目の前で動いているように思えたほど。翻訳作品を読んでる感覚がありませんでした。実に気持ち悪い奴が登場しますが、展開が見事で目が離せなくなり後半は一気読みでした。面白かったです。羊たち、、を思い起こさせるショッキングさ。次の作品が早く読みたいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月29日

    面白かったなぁー。
    前作同様、中盤までの、え?え?そうなの!?そうなんだ!という展開はすごい。そのあとはどうなるのかとはらはら。最後まですごく楽しめた。ケイトよく頑張ったよ…。

    今回はちょっとほっとする終わりかた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月18日

    誰を信じていいのか、なにが本当で嘘をついているのは誰か。自分が知っていること、知らないこと。他人が知っていること、知らないこと。そこの駆け引きが面白い。思いもよらない出来事、展開に目がいくけれど登場人物たちの心の動き、自分すら疑ってしまうような混乱や焦り、読者にはフェアに伝えられているけれどそれでも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月21日

    ケイトの恐怖は正しかった。
    妄想でも幻想でもなく そぐ側で起きていた。
    見えない何かの存在と、
    自分の頭の中の声の存在。
    一度生まれた恐怖を脱ぐのは簡単な事じゃない。

    真犯人が誰なのか、序盤から早々に
    予想させておいて、徐々に真の恐怖の内訳が
    紐解かれ、読み始めたら止められない。
    映像化必須!
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月24日

     小説が始まってほどなく主要な登場人物はすべて登場するが、出てくる人物すべてのクセがすごい。サイコパスな犯人による猟奇殺人が絡んでいるが、どこまでが犯人サイドで、どこまでが被害者になり得る側なのか、ストーリー展開はスピーディーで先を読み急がせる。鳥肌モノの最後のあと、もうひと展開期待したが、そこまで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月16日

    ミランダ〜から早数ヶ月、無駄な寄り道が多かったイメージの作家様でしたが今回は最後まで大変楽しく読む事が出来ました。

    又従兄弟のコービンと住居交換をしたケイト。
    過去の男ジョージの黒い影に苦しみ、自分を変えるために踏み出した一歩のはずがーー。
    翌日隣人オードリーが不審死を遂げる。彼女を取り巻くアラン...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月15日

    二股恋愛で遊び半分が殺害事件となった。アリバイトリックで即座には逮捕されなかったが犯罪は繰り返された。人間は一度上手くいくとうまく逃れると思ってしまうのか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月16日

    ミステリー。

    ロンドンに住むケイトは、ボストンに住む又従兄のコービンと住居を半年交換する事になる。

    ケイトがボストンの交換した住居に到着した翌日に、隣人が死体で発見される。

    疑わしい人物が複数出てくるが、物語に出てくる男達が、全て変だった(笑)。

    ケイト自身も過去に壮絶な体験をしている。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

創元推理文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング