いま見てはいけない デュ・モーリア傑作集

いま見てはいけない デュ・モーリア傑作集

作者名 :
通常価格 1,222円 (1,111円+税)
紙の本 [参考] 1,320円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

水の都ヴェネチアで不思議な双子の老姉妹に出会ったことに始まる、夫婦の奇妙な体験「いま見てはいけない」、突然亡くなった父の死の謎を解くために父の旧友を訪ねた娘が知った真相「ボーダーライン」、急病に倒れた牧師のかわりにエルサレムへの二十四時間ツアーの引率役を務めることになった聖職者に、次々と降りかかる災難「十字架の道」など、サスペンスあり、日常を歪める不条理あり、意外な結末あり、人間の心理に深く切り込んだ洞察あり、天性の物語の作り手、デュ・モーリアの才能を遺憾なく発揮した作品5編を収める、粒選りの短編集。【収録作】「いま見てはいけない」「真夜中になる前に」「ボーダーライン」「十字架の道」「第六の力」/解説=山崎まどか

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外ミステリー
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元推理文庫
ページ数
438ページ
電子版発売日
2015年04月03日
紙の本の発売
2014年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

いま見てはいけない デュ・モーリア傑作集 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年04月24日

    中学生の時に河出の世界文学全集でレベッカを読んだ。とりこになった。10代の間に何度読み返しただろう。あの頃の気持ちを思い出した。忘れていたぞくぞくするような感覚がよみがえってきた。レベッカしか知らなかったがこれ!!!な作品だ。すごいなデュ・モーリア!まさに物語世界に心がもっていかれる感じ。他の傑作集...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月15日

    最初この作品を知ったのは偶然観た映画「赤い影」。とても好きな世界観の映画で、原作の『いまは見てはいけない』は更に期待を裏切らなかった。表題作はもちろん、傑作集というだけあって他の作品も漏れなく楽しめる。20年前に読んだ「レベッカ」や「鳥」も再読してみよう〜。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月20日

    この中には5編の短編がおさめられているが、一番好きなのは「十字架の道」。好みで評価は別れると思うけど、すべて私は好みです。この人の作品はもっと読みたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月08日

    『レベッカ』が大好きなので短編集も読んでみた。日常の生活や人間関係における心の機微や、ありきたりなようで意外な人間模様を、鮮やかにまたシニカルに描き出す傑作揃いだった。「十字架への道」で前歯が折れてしまった夫人をいたわる大佐が印象的。日々の生活をこうもドラマチックに描かれると、私の人生もそう捨てたも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月21日

    これを読みながらずっと「レベッカ」を思い出していた。「昨夜、わたしはまたマンダレイに行った夢を見た」という冒頭の一文から、ミステリアスで繊細な物語は始まっていた。ここに収められた短篇にも、「レベッカ」と同様の叙情が漂っている。そのストーリーテリングを堪能できる一冊。

    「レベッカ」では、謎めいた物語...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月11日

    ・ダフネ・デュ・モーリア「いま見てはいけない デュ・モーリア傑作集」(創元推理文庫)は表題作を含めて全5作、約420頁の短篇集である。最近の文庫は活字が大きいといつても、単純平均で80頁ある。長めの短篇といふところであらう。いかにもデュ・モーリアといふ感じの作品が収められてゐる。やはりおもしろい。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年12月03日

    誰が正しいのか、誰を信用していいのか、自分の見たものを信じていいのか、足元の地面がぐらぐらするような不安感がたまりません。。。

    「いま見てはいけない」が一番よく出来てる気がする。
    解説は、デュ・モーリア作品と映画との関連をきちんと語っていて親切だと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月21日

    いま見てはいけない、というタイトルに惹かれて手に取りました。
    全体的に不穏な雰囲気の漂う短編集でした。旅先で出会う奇妙な人物、奇妙な出来事…ホラー?ミステリー?分類が難しいので奇妙な味のカテゴリに入れておこう。
    「いま見てはいけない」「真夜中になる前に」「ボーダーライン」の3編は、ラストにズドンと落...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月11日

    前半の3作は終盤になるまで何とも言えない不穏な空気が漂い、話がどこへ向かうか分からないハラハラ感にページを捲る手が止められない。ただ予想外のオチは、イマイチなものもゾッとするものもあったけれど、総じて『鳥』の方が好み。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月26日

    五篇からなる短編集。

    「いま見てはいけない」
    映画「赤い影」の原作。
    幼い娘を亡くした夫婦がヴェネチアで老姉妹に会う。
    妻は、亡くなった娘さんがあなたのそばにいると言われ、悲しみに暮れていたところを救われるが、夫はそんなことを言う老女を胡散臭く思う。

    「真夜中になる前に」
    絵を描くことを趣味とす...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています