【感想・ネタバレ】ケイトが恐れるすべてのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年01月12日

ロンドンに住むケイトは又従兄のコービンと住居を交換し、半年間ボストンのアパートメントで暮らすことにする。だが新居に到着した翌日、隣室の女性の死体が発見される。女性の友人と名乗る男や向かいの棟の住人は、彼女とコービンは恋人同士だが周囲には秘密にしていたといい、コービンはケイトに女性との関係を否定する。...続きを読む嘘をついているのは誰なのか?想像を絶する衝撃作!(文庫うらすじより)

作者のピータースワンソンの作品は昨年の『そしてミランダを殺す』に続き2作目でしたが、『ミランダ』も恐かったけれど、これも相当恐くて、読んでいて本当に心臓がドキドキしました。
川出正樹さんの解説によると「自分の家が、恐怖を感じさせる安心できない場所に変容していく」ゴシック・スリラーというジャンルだそうです。
それにしても、またもや恋人を何人も殺していく設定は大変恐ろしく、恐くて、恐くて、途中で何度も投げ出したくなりましたが、結末がわからないのが一番怖いので頑張って437ページ読みました。希望の持てるラストだったのは救いでした。そして、これだけ怖いというのは、作品としては大成功なのだろうと思います。
私は、この作者の数回に渡って視点の変わるところなど、話づくりは巧みで上手いと思いましたが、これ以上恐ろしい作品には耐えられそうもないので、次回作以降はやめておいた方が無難かと思いました。
心臓の強い方には大変お薦めの作品です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年12月28日

これも面白かった!!
前作『そしてミランダを殺す』では、語り手の視点がどんどんと入れ替わり『狩られる者が狩る者となり、そして狩る者が狩られる者となる』というジェットコースターサスペンスミステリーとして非常に楽しめたが、本作『ケイトが恐れるすべて』も前作『そしてミランダを殺す』と同等、いやそれ以上のサ...続きを読むスペンスミステリーを著者ピーター・スワンソンは読者に楽しませてくれる。
随所にヒッチコックをオマージュしているシーンもあり、往年のミステリファンも唸らせることだろう。

ストーリーは、アメリカ・ボストンに住む、実際には会ったことのない又従兄のコービンから、彼がイギリスで半年間の仕事をする必要が生じたことからその間、ロンドンで一人暮らしをするケイトと住居を交換しようという提案がある。
ケイトはその提案に応じ、ボストンのアパートメントに引っ越すのだが、その日の翌日、コービンの部屋の隣室の女性が殺されているのが発覚した。

殺された女性とコービンとは恋人同士だったのか?
コービンがその女性を殺してイギリスに逃げたのではないだろうか?
ケイトは過去のとある事件から極度の被害妄想を患っており、すべての減少が自分を陥れる悪夢ではなのかと想像する。
そしてさらにケイトを混乱させる出来事が次々と起こっていくのだった…。

本書は、ヒッチコックの上質な古典名作ミステリー映画を見ているかのような雰囲気の心地よさから一転、激しいサイコ・スリラーに変貌していく。
誰もが本当のことを言っているようで、絶対に誰かが嘘をついている。
そしてケイトの目には、目に映る誰もが『殺人鬼』に見えてきてしまう。

本作も前作『そしてミランダを殺す』ほどではないが、同じ出来事を別の登場人物の視点から描くという「別視点による繰り返し描写」が多用されている。
まさに3歩進んで2歩下がるような物語の進み具合なのだが、これが冗長に感じられず、むしろ小気味よい。
これは筆者の筆力の素晴らしさによるものだろう。

そして特筆すべきは著者ビーター・スワンソンが登場させるキャラクターがどれも一癖も二癖もある個性的なキャラの持ち主ばかりなので、目の肥えたミステリー好きの読者たちを全く飽きさせないところがミソなのだ。
例えば、被害妄想の持ち主である主人公のケイトや過去に隠された秘密を持つコービン、そしてケイトと同じアパートメントN住む覗き趣味を持った隣人、そして謎のシリアルキラーなど本書に登場するキャラクターの誰もが「もしかしたら現実にいそうでありながらも、やはりフィクション的な性格を持っている者」という「リアルとフィクション」のギリギリの線を攻めたキャラ作りが秀逸なのだ。
このキャラ作りは前作『そしてミランダを殺す』で完全なサイコパスなのだが、読者の共感を得てしまうという主人公の美女リリーにも当てはまる。
人間の性格は、単純ではなく、多層構造をもった非常に複雑なものであるが、それを全部小説のキャラクターに書き落としてしまうと、読者はキャラクターの性格を把握しきれず混乱してしまう。
だからこそ小説に限らず、いわゆる『物語』に登場するキャラクターはその性格をある程度、単純化させているのであるが、著者ピーター・スワンソンは、読者が混乱しない程度に登場するキャラクターの誰もに「多重的な性格」を持たせている。
このさじ加減が絶妙であるからこそ読者は、そういった意味において、主人公のケイトもコービンにも、そして覗き趣味の隣人にもすら魅了されてしまうのだ。

本書のストーリーは「あっ!」と驚く大どんでん返しとまではいかないが、最近のミステリーの中では秀逸な面白さである。

前作『そしてミランダを殺す」、そして本書「ケイトが恐れるすべて」と連続してスマッシュヒットをたたき出すピーター・スワンソン。
僕の中で「今後も必ず新作が出たら読もうと思うミステリー作家リスト」に彼が入ったのは言うまでもない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年11月17日

人物描写が深くて丁寧。登場人物が目の前で動いているように思えたほど。翻訳作品を読んでる感覚がありませんでした。実に気持ち悪い奴が登場しますが、展開が見事で目が離せなくなり後半は一気読みでした。面白かったです。羊たち、、を思い起こさせるショッキングさ。次の作品が早く読みたいです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年09月29日

面白かったなぁー。
前作同様、中盤までの、え?え?そうなの!?そうなんだ!という展開はすごい。そのあとはどうなるのかとはらはら。最後まですごく楽しめた。ケイトよく頑張ったよ…。

今回はちょっとほっとする終わりかた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年08月18日

誰を信じていいのか、なにが本当で嘘をついているのは誰か。自分が知っていること、知らないこと。他人が知っていること、知らないこと。そこの駆け引きが面白い。思いもよらない出来事、展開に目がいくけれど登場人物たちの心の動き、自分すら疑ってしまうような混乱や焦り、読者にはフェアに伝えられているけれどそれでも...続きを読む先が読めない。前作も今作も満足度はすごく高くもっといろんな作品を読んでみたくなる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年04月24日

面白かったー。ドキドキする!これ映像化したら怖くて早送りしたくなる!
犯人はこの人かなとわかってしまったけどそれをわかったとしても面白く読めました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年04月02日

初読 ★3.5

「そしてミランダを殺す」もそうだったけど、
とにかく風景、特に住居の描写が美しくて、
脳内でイメージされる映像のトーンが心地良く
読んでいる時間が「快適」である。
これは務台さんの訳のおかげでもあるかもしれない。

今回もコービンのボストンの豪奢(キンキラキンではなく
知性とクラシ...続きを読むックさに富の蓄積を感じるような)
なアパートメントが重要な役目を果たすので
お金持ちって快適だにゃ〜と羨ましいながら、最後には
自分の家は狭くて良かった!⊂(^ω^)⊃ セフセフ!!
と思える展開。
あ、あと、狭いといえども、従兄弟といえども
住居を交換しても困らない状態にしたいものだな、
という………片付けねば

今回のケイトも神経質で物静かで線の細い印象。
コービンとヘンリーにはあまり興味を持てないながら
人間みんなが持つ、うっすらと恥ずかしかったり、
悪に近い部分だったり、間違えたり、を抱えてなんとかやってく
という、ほの暗いという事はほの明るいという事でもある?
と感じるようで、私はミランダよりこちらの方が好きかもしれないな。
でも面白かったのはミランダかも?

どちらにしろ、新刊が出たらすぐ読みたい作者リスト入り!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年02月29日

主人公ケイトは常に頭の中で最悪の事態を想像してビクビクし時にはパニックに陥ったりもする。それは過去のトラウマのせいなのだが、同情よりもイライラさせられる。物語に出てくる男性はどれもこれもクズばっかりだし、ハッキリ言って疲れる作品だ。同じ出来事を語り手を変えて明らかにしていく手法は、気を付けないとまん...続きを読むまと作者の罠にハマってしまう。でも読まずにはいられない、ケイトはどうなるのか、男たちはどうなるのか、気になってラストまで一直線、まんまと罠にハマったようだ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年02月08日

心臓バクバク。

又従兄のコービンと住まいを交換したケイト。

交換した直後に起きた隣室での殺人事件。

誰が隣人を殺したのか、まさか又従兄のコービンなのか。

誰かが必ず嘘をついているはず…見知らぬ地で一人疑心暗鬼に駆られるケイト。

これまたそそる要素、構成の巧みさで読み手を引きずりこむ一気読み...続きを読むのサスペンスだった。

トラウマにまず心臓バクバク、展開に心臓バクバク…心理的な恐怖で最後まで読ませる。

誰もがそれぞれいろいろな心の闇を抱えている…あぁ、人ってやっぱり怖い、最後にそう確信した。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年11月04日

前作、「そしてミランダを殺す」を読んだ時のドキドキ感&面白さは、ヒッチコックの映画を見てる時と同じ感覚なのだなと再認識した。『裏窓』。
作者がミステリーの古典を敬愛していることがわかる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年10月30日

 この作家を一躍有名にした『そしてミランダを殺す』を読んでいない。昨年の『このミス』2位となったことで気にしているのだが、ぼくの側の環境が変化した。現在の新刊を追うことで手いっぱいの多忙な日々となり、いろいろと遅れを取っている。

 しかしこの作家の凄みは、本作でも十分に味わえる。とても完成度の高い...続きを読む、幻惑に満ちたスリラーである。主人公がケイトというヒロインであるのは間違いないが、実はケイト以外の視点にストーリーはダイナミックに移動する。ロンドン在住のケイトが、会ったことのないロンドン在住の又従兄弟コービンと、半年間住居を交換し合うという経緯からすべては始まる。最初からタクシーでトンネルに入り込んだケイトが暗闇に対しパニック障害を起こすというイントロも、どこかヒッチコック映画を思い起こさせる伏線のように思える。

 そして新居に着いた途端、隣室でその住人女性の遺体が発見される。完全な巻き込まれ方殺人事件と単純に思われるが、ストーリーテリングは空間と時間の歪みを自在に辿りつつ、視点と時制を変えて、物事が見た通りでは決してないということを読者に知らしめる。

 真犯人しか知り得ない真実への経路は、時空の視点を変化させつつ、語られる作者の作品展開であり、実は何よりもそれこそが本書の優れた離れ業とも言える。凡百のホラーやサイコに陥ることを嫌い、ある異常な真犯人による凝りに凝った執着と異様なる性癖を、語り口によるスリリングな解き明かしによって描いてゆくのだが、これがむしろストレートなホラーよりもずっと怖い。背筋に何かが這い回りそうな、脂汗ものの嫌な種類の恐怖を感じさせるのだ。

 視覚や聴覚、嗅覚や触覚にまで訴えてくる感覚的な怖さ、なのである。それでいて構成の妙で読者はぐいぐいと引き込まれてしまう。主要登場人物は多くはないのだが、それぞれに個性的であり、謎に満ちた疑わしい人物たちが、ケイトも読者をも幻惑させるかのように入れ代わり立ち代わり出現する。誰が誰であるのか? そんな足元さえぐらつきかねない懐疑は、やはり皮膚感覚的に怖い。

 虚実入り乱れるとは、本書のような作品展開を言うのだろう。驚愕のスリラーであることを請け合いたい。個人的には『そしてミランダを殺す』も射程に収めておくことにしよう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年10月18日

『そしてミランダを殺す』の著者の新作。
今回はひょんなことからボストンに住むことになった
ケイトというイギリス人の女性の周りで起こる不可解な事件の数々。

読み終わった後の感覚で言うと、どこかスッキリはしなかったなと。
それが狙いなのかもしれないが。
とは言え、物語のケイトの抱える情緒不安定な部分が...続きを読む
最後まで読んでいる我々にも与えてきたのは確か。

読み進めていくうちに、思わぬ斜め上からの展開が待っていて
ミランダの時とは別の驚きが待っていた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年10月13日

 不安症で過敏なケイトは、過去に陰惨な事件の被害者となった。
 イギリスに住む彼女が、アメリカに住む従兄弟と部屋を交換することとなった。
 環境を変えて過ごそうと思うその時に、隣の部屋の住人が遺体で発見される。

 だれが隣人を殺したのか。どうしてなのか。ケイトの不安は過剰なのか、などなど読み応えの...続きを読むある展開なのだが……。
 この話に出てくる男性陣がものの見事に癖のある人間しかいないことが一番驚き。
 ケイトにはたくましく幸せになってほしい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年10月11日

ロンドンで一人暮らしをしているケイト。会ったことのない又従兄弟のコービンが仕事でロンドンに行くので、半年住まいを交換しようと提案され、ボストンに行くことにした。コービンの住まいは三階建てのドアマンがいるような豪華なアパートメント。何人かの住人と知り合いになった。すると、隣人のオードリーが殺されてしま...続きを読むった。住人によるとコービンとオードリーは恋愛関係にあるはずなのに、コービンはそれを否定する。なぜ?殺したのは彼なのか?

ケイトは強迫神経症気味で、周囲に対していつもビビっている。この不安定な語り手の存在がユニーク。それと章を替えて、コービンが語り手になるのだが、真相(なぜ交際を隠したのか)(誰が殺したのか)について明らかになると、思わず、そう来たかっ、とつぶやいてしまった。ちょっと長いかなーとは思ったけれど、なかなかの秀作だった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年09月29日

親戚のコービンと半年間お互いの住居を交換することになったケイトは、イギリスからアメリカへ初めて暮らすことに。再出発の人生の足掛かりになるはずだったその生活は、隣室で女性が死体で発見される事件によって、思いがけない方向へ転がっていく……
序盤からどこか不安定な女性の視点から始まって、やがてほかの視点か...続きを読むらも物語が綴られて、意外さに意外さを重ねて最後は綺麗に収束を迎えていく。その視点のスイッチングの鮮やかさと、飽きさせない意外な展開な連続に読ませてくれました。
個人的には某日本古典ミステリの要素を勝手に感じて、視点のひとりの持つとある「性癖」が実は物語全体をも覆っていたのだと気づく終盤はなかなかの気持ち悪さでした(褒めています)。
そもそもの設定、「親戚とはいえ顔も知らない、しかも男女間での住居交換」がどれほどリアリティがあるのか欧米の習慣を知らないので、そこが話のミソかと思ってたりしたのですが、それは普通にそういう流れで……こういうことって実際にあるんかなあというのは、ちょっと思ったところでした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年09月26日

過去の事件のトラウマでパニック障害を抱えるケイトが、異国の地ボストンで再び事件に巻き込まれる。でも絵が上手で肖像画を描くのが得意という彼女の一芸が事件解決の糸口になるところが良かった!読後感すっきりでひと安心でした。
気さくに話しかけてくるイケメンには注意ですね!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年09月21日

物語はロンドンに住むケイトと、ボストンに住む又従兄のコービンが半年間だけ住居を交換する場面から始まる。ケイトは初めて米国を訪れるが、女性の死体が発見された日から、恐怖の世界へと導かれる。物語を複雑にしているのは、ケイトが過去の恋愛において悲惨な事件を体験してトラウマを抱えている設定で、これがサスペン...続きを読むスを高めている。

誰にいかに語らせるかという点が重要で、それぞれの語り手が読者に対して嘘をつかず、隠し事をしていないにも関わらず、じわじわと不穏な雰囲気に支配され、予想外のクライマックスへと流れていく。どうしても『ミランダ~』と比べてしまうが、完成度では前作の方が上回っているが、ぞわぞわくる雰囲気は本作品の方が好みかな。​

不埒な悪が浮き彫りになるイヤミス風なのに、後味は悪くない巧さが気に入って、やや甘めの評価。なーんか好きだわ、この作者。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年08月06日

サスペンスとして面白かった。ちょっと『レベッカ』やパトリシア・ハイスミスを連想させられるような。
ただ惜しむらくは、「そうかアレはコレだったのか〜」という答えが幾分丁寧過ぎるかなあというのと、哀切が少なめ。
いろんな本が出てくるのが付録的に面白い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年05月10日

読みやすい訳文、ひねりの効いた展開、思った以上に良い作品でした。ただ途中の殺人の場面の陰惨さに比べると、ラストが予定調和的なのではないかと…。もっと嫌ミス的な終わり方にして欲しかったというのは望みすぎでしょうか。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年02月07日

読後感は悪くないものの犯人への生理的嫌悪感がすごい。子どもの頃は幽霊話が怖かったけど、大人になった今、いるかわからない幽霊より確実にそこに存在し生きている人間のほうがよほど恐ろしいと思う。中でもベッドの下やクローゼットに隠れる系のヤツらは本当にムリ。勘弁してほしい。こわい。(でも読む)

このレビューは参考になりましたか?