レイチェル

レイチェル

作者名 :
通常価格 1,222円 (1,111円+税)
紙の本 [参考] 1,320円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

従兄アンブローズ――両親を亡くしたわたしにとって、彼は父でもあり兄でもある、いやそれ以上の存在だった。彼がフィレンツェで結婚したと聞いたとき、わたしは孤独を感じた。そして急逝したときには、妻となったレイチェルを、顔も知らぬまま恨んだ。が、彼女がコーンウォールを訪れたとき、わたしはその美しさに心を奪われる。二十五歳になり財産を相続したら、彼女を妻に迎えよう。しかし、遺されたアンブローズの手紙が、想いに影を落とす。彼は殺されたのか? レイチェルの結婚は財産めあてか? せめぎあう愛と疑惑のなか、わたしが選んだ答えは……もうひとつの『レベッカ』として世評高い傑作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外ミステリー
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元推理文庫
ページ数
502ページ
電子版発売日
2017年12月08日
紙の本の発売
2004年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

レイチェル のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年08月06日

    ヒッチコックの映画「レベッカ」の原作者として有名なデュモーリア。
    「レベッカ」と双璧をなすといわれる作品です。

    フィリップは、幼くして両親を失い、年の離れた従兄アンブローズに育てられます。
    時代は19世紀。ひろびろとした荘園で、独身男ばかりの気楽な暮らし。
    フィリップも成人した後、イタリア旅行に出...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月08日

    静かに淡々と、そして徐々に高まっていくこの緊迫感。

    主人公フィリップの初心さが間抜けに感じられるほど。レイチェルを受け入れる隙間があったことは、1章2章で充分知らされる。

    最後まで読んでから1章を読み返すと、背筋が凍る。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月23日

    『レベッカ』と同じくらいすばらしい作品です。
    読み進めていく内に、主人公の視点によって周囲の人物に対する評印象が二転三転することになります。結局レイチェルは善人だったのか悪人だったのか……。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月08日

    亡くなったいとこの妻への恋に囚われていくフィリップ。どんどん深みにはまっていく様子はある意味ベタで長々しく、正直途中で読むのが嫌になりかけた。ので、最後の数十ページには素直に驚いた。読み終わったあと、思わず最初の章に戻ってしまった。
    イギリスの領主は素敵だな、生まれ変わったらなってみたいかも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月08日

    謎めいた美女を書かせたらデュ・モーリアの右に出る人物はいないんじゃなかろうか。「彼女が何を考えてるのか知りたくてたまらん!」と読者に思わせられたら作家の勝ち。レイチェルの頭の中を暴きたくて仕方がない私は、デュ・モーリアに全面降伏です。でも本を読み返せど、やっぱり理解出来た気がしない。一体どっちだった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月17日

    美しいレイチェルに心奪われていくフィリップ青年の揺れが如実に表され、時に同情、同意しながらもゾクゾクとさむけを感じるようなところも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月19日

    デュ・モーリア作のもうひとつの「レベッカ」とも呼ばれる作品。
    今回も状況の描写が素晴らしく、登場人物と同じ場で物語を見ているような気持ちにさせる。

    両親を亡くし、従兄アンブローズによって育てられるわたし。
    アンブローズはイタリアで結婚し急逝する。アンブローズからの便りに、ただならぬものを感じるわた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月30日

    レベッカほどじゃないけど面白かった。
    アンブローズの分身として育った青年の悲しい運命というか・・・。
    もし、あのまま最初の乳母に育てられてたら・・・っておもってしまう。
    レベッカみたいに、もうちょっと、お城での優雅な生活が描かれてたらよかったなー。主人公が男だからしょうがないか。ラストは大好き。よか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月18日

    すごく読みたくてとっておいた本を、いよいよ読み始める時の気分が好きだ。買ってもすぐにはよまず、その前にこっちの本から…などとわざと自分をじらしてみたりする。そうすると「その前」に読んでいる本を早く片付けなければならないようなおかしな心理状態になったりして、本一冊でなんとドラマチックなことよ。
    この本...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月17日

    普段あんまり翻訳ものは読まないんですが、久々に読んだら結構楽しかったです。結局レイチェルはかなりグレーっぽいところでその真相がはっきりとは書かかれなかったのがまた秀逸だなーと。なんともいえない素敵な読後感。
    ただまあ、同じ男性としてフィリップの「好きな人に対して暴走してしまう行為」が(あそこまででは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています