國貞克則のレビュー一覧

  • 財務マネジメントの基本と原則―これ一冊で「使えるファイナンス」の真髄が身に付く
    財務の仕事の全体像が、わかりやすい表現でよくまとめられている。日々の断片的な仕事がビジネス全体のなかでどのような役割と位置づけであったかが、この本を読めば明確にイメージしながら、日々の仕事に取り組めるのではないだろうか。
  • 現場のドラッカー
    ドラッカー経営学を分かりやすく、実践を交えて解説。著者は「財務3表一体理解法」の著者ですが、このようなドラッカー関連の本を書いていることをはじめて知りました。
    ドラッカーの大切なのは「イノベーション」と「マーケティング」だという。お客様第一主義やお客様の幸せが一番何て言うと何となく胡散臭く感じるけど...続きを読む
  • 決算書がスラスラわかる財務3表一体理解法
    財務諸表の読み方がわかる。タイトル通りである。ただし、やはり簿記・会計学そして経営分析の基礎的な知識があった方がよい。本書をてがかりにそれらの勉強のきっかけになりそうだ。本書は初版で、改まった版もあるのでそちらも引き続き読むとするか。
  • 現場のドラッカー
    ドラッカーの 言葉を実際の会社で活用 した事例を豊富に盛り込んでいます。
    ドラッカーの言葉だけだと分かりづらい内容も多々あるので事例を持って 理解が深まるのはとても助かります。
  • 図解「財務3表のつながり」でわかる会計の基本
    前回読んだ超入門編から今回は入門編。
    これでも少し難しさは感じたが超基本的な考え方を理解していただけにまったく理解ができないなんてことはなかった。
    とても良い内容だが自分で数字などを埋めるドリルなどの実践内容が含まれていればもっと理解が深まるのではないかと感じた。
    と思ったら同じ著者でドリルのような...続きを読む
  • ストーリーでわかる財務3表超入門
    ・PLの利益=BSの純資産の利益剰余金
    ・PLとBSの繋がり
    ・売掛金、買掛金、減価償却費の勘定
    ・関節CS
    ・IFRS

    など、理解できるようになりました。分かりやすい!
  • 決算書がスラスラわかる財務3表一体理解法
    新入社員のみなさん入社する前にぜひ読みましょう!
    この本の内容を理解して覚えていればできる社員になれます!
    経理経験者としてもお勧めできます!!
  • 決算書がスラスラわかる財務3表一体理解法
    簿記3級の試験が終わった後に読んだ。次の3点が良かった
    ・バランスシートと損益計算書の繋がり(勉強中に出てこなかったキャッシュフロー計算書を含む)がわかる
    ・自分で商売を始めたと仮定して、19の段階に分け、いちいち三表の繋がりを図示している
    ・帳簿をごまかすと、三表にどのような現れ方をするのか
    なお...続きを読む
  • 決算書がスラスラわかる財務3表一体理解法
    自分の知識の整理と復習のため…と思って
    手に取ったが、それ以上の内容だった。

    常に手元に置いておいて完全に身につけないと。
  • 財務3表一体分析法
    マツダvs三菱自動車vs日産vsトヨタや、パナソニックvsシャープ、ドコモvsソフトバンクという対比で、PL/BS/CSの見方、考え方を解説する。非常に分かりやすく、しかも内容もしっかりしている。ただし、BSが左右バランスしていないもの(三菱自動車)に対する詳細な説明がないのが、残念。どういう会計処...続きを読む
  • 決算書がスラスラわかる財務3表一体理解法
    経理の仕事としての会計ではなく、企業を知る上で一番重要な指標となる財務諸表の見方を書いている。重要なことを反復してくれるので覚える。良本。
  • 財務3表実践活用法 会計でビジネスの全体像をつかむ
    三部作の締めですが、一般社員が売上と費用でものを見ているのに対し、経営者は投資とリターンというまったく違う段階から物を見ていることが分かった。昨今の東芝やSHARPの急を要する利益対策のがなぜ売上増や費用減を目指さないのか(急にはできない)、その他経費削減ではなくすぐに人件費削減をされるのか(広告費...続きを読む
  • 決算書がスラスラわかる財務3表一体理解法
    久しぶりにファイナンスの勉強をしたくて、基礎固めにちょうど良さそうなものを調べてポチった。

    「まとめ」
    ・企業の営利活動の基本であるお金集める、投資する、事業を回すをそのまま財務3表に落とし込む考え方
    ・財務諸表の意味がわかることで、ROEやDEレシオなどの財務分析も暗記ではなく意味で理解できる
    ...続きを読む
  • ストーリーでわかる財務3表超入門
    読みやすい。会話仕立てのおかげで頭に入りやすい。
    ただ、後で振り返りもしてみたい良い内容なので電子版より紙版買うべきだったかな。
  • 図解「財務3表のつながり」でわかる会計の基本
    キャッシュフロー計算書の理解がいまいちだという自覚があり読んでみました。
    BSとPLのつながりはわかっていても、そこにCFが絡むと混乱することしばしでしたが、本書内で超基本的な例がいくつもでてきて「あ、そういうことか」と急にストンと理解できました。

    PLとBSを図にして財務分析をすることが推奨され...続きを読む
  • ストーリーでわかる財務3表超入門
    入門書として最適。ストーリー仕立てでわかりやすくBS、PLの本質をビジネスの本質とともに学べます。すでにわかっている人も読み物として流して読んでも復習になり面白いです。CFを学ぶには本書ではなく別の本がよいでしょう。

    読みやすさ ★★★★★
    学び ★★★★☆
    面白さ★★★★★
  • ストーリーでわかる財務3表超入門
    ようやくBSとPLの繋がりがわかるきっかけが出来てきた。繋げて理解する意味かわかってきた。自分のPLとBSをつくることで理解が深まりそう。
  • 財務3表実践活用法 会計でビジネスの全体像をつかむ
    前作と比べるとドラッカーの話が出てくるので読み物に近くなった。経営と財務諸表のつながりやキャッシュの大切さがわかる。
  • 決算書がスラスラわかる財務3表一体理解法
    タイトルからするとお茶を濁す感じに思えるが、実際に起業したという想定で手を動かしながら財務3表を自分で書いていくので、基本的な考え方が身についた気がする。説明もかなりわかりやすかった。
    フレンチVS餃子のようなわかりやすい読み物で、なんとなく概念は掴んだ後に、実際の決算書と格闘するのにおすすめ。
  • 財務マネジメントの基本と原則―これ一冊で「使えるファイナンス」の真髄が身に付く
    【財務マネジメントの基礎を学べる素晴らしい一冊】
    財務マネジメントの本は、腐るほど出ているが、ここまで分かりやすく、実践的に活用できるような形で書いてある本はあまり存在しない。

    内容的にはそこまで細かくなく、減価償却費といった細かい勘定項目はなく、売上、原価、粗利益、販売費、管理費、営業利益といっ...続きを読む