國貞克則のレビュー一覧

  • 新版 財務3表一体理解法
    春から新卒社員として働く身である私が、(大学で単位取得目的で学んだことはあるとは言え)「自分の口で財務諸表とはなにか説明することができない」状態を脱したいと思い手に取りました。

    Twitterなどで称賛されているように、初学者にも確実にわかるようなレベルで解説をしてくれるので、1回目を通すだけでも...続きを読む
  • 渋沢栄一とドラッカー 未来創造の方法論

    日本人の二極性

    新しいものを受け入れ、その本質を捉え行動する
  • 決算書がスラスラわかる財務3表一体理解法
    簿記や会計•財務の専門書に手をつける前に一読
    しておくべき本であると思う。
    貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書の3表のつながりをストーリー仕立てで利益、キャッシュの動きを分かりやすく解説している。
    項目名まで細かく覚えるというよりは3表上での利益、キャッシュの立ち振る舞いをざっくり理解す...続きを読む
  • ストーリーでわかる財務3表超入門
    タイトル通り物語形式で財務三表が理解できる内容。経営者の観点で年度を通して発生する事象と、それに対する財務諸表への落とし込み方を説明しており理解しやすい。良書。
  • ストーリーでわかる財務3表超入門
    めちゃくちゃ頭に入りやすい。

    純粋にストーリーを追ってると自然と理解も進むし、散々いろいろ読んできたけど初心者には最高な本。

    何度も読み返したい。
  • ストーリーでわかる財務3表超入門
    貸借対照表(BS)、損益計算書(PL)、キャッシュフロー計算書の財務3表について、ある主人公の起業エピソードを題材に、物語の中でとてもわかりやすく解説してくれている本。

    ・財務3表とは何か
    ・財務3表がなぜ必要か
    ・それぞれどういう関係性があるか

    がこれを読めば必ずわかります。
    専門用語を使わな...続きを読む
  • ストーリーでわかる財務3表超入門
    単純に例題や文章だけの説明では理解できなかったところが、ほぼストーリーに落とし込まれることで理解することができました。まずは大枠を知りたいという方には非常にオススメできる本です。
  • 決算書がスラスラわかる財務3表一体理解法
    財務諸表に関する本は多いが、どれもわかりにくい中で、本書は具体的事例で表がどのように変化するか、どこがどのようにリンクしているかを、丁寧に解説されていて、とても勉強になった。
  • 図解「財務3表のつながり」でわかる会計の基本
    まだ読み始めて数ページだが、既に頭の中でバラバラだったものがシンプルにまとめられて、疑問に思っていた事が明確になっている。
  • 図解「財務3表のつながり」でわかる会計の基本
    会計の勉強に関しては何度も挫折をしてしまっており、とにかく簡単な本を読みたいと思って購入

    本の内容もとになく図式で分かりやすく表現して、PL/BS/CSの関連性を説明しており、非常に分かり易かった

    とは言え、基本は入門書ではあるので、深く理解したいのであれば、著者の『財務3表一体理解法』あたりも...続きを読む
  • ストーリーでわかる財務3表超入門
    会計の本のなかでは抜群に分かりやすいと思います。架空のお店を経営する視点で描かれているが、様々な問題とそれを解決していく過程で必要な会計の知識が盛り込まれていて実践的良著だと思います。
  • ストーリーでわかる財務3表超入門
    会計のど素人でもこれを読めば財務3表について理解できる。26歳の女性が自分でアクセサリー販売会社を設立するストーリーになっており、読み物としても面白い。総じて、知識ゼロでも会計のコツが身につく良著と言える。
  • ストーリーでわかる財務3表超入門
    財務諸表が読めるようにと入口を探していて前回読んだ本はあまりに難しくどうしようか思っていたところ、本書を発見。
    資本主義から会社とはなにかというところからスタートしており、そこから財務諸表がなぜ必要でそれぞれがどのようなつながりを持っているのかを分かりやすいストーリーに乗せて説明しているため、とても...続きを読む
  • ストーリーでわかる財務3表超入門
    本当に分かりやすかった。物語仕立てになっているので、スイスイ読み進められる。
    大枠から理解を進めいていくというやり方なので、すんなり理解できた。
    これまでそれなりの数の決算書を見てきて、なんとなく分かっている気になっていた社会人には、ぴったりの内容だった。
  • ストーリーでわかる財務3表超入門
    ただ財務3表の説明を
    するのではなく、実際にどのように使っていくのか、3つのつながりは何かをタイトル通りひとつの物語として教えてくれます。

    あかねもまだ若く、アクセサリー販売機というのが、とても身近で登場人物も家族なのでイメージしやすい。

    起業したい人にも参考になる。
    どうやってお金を集めて、投...続きを読む
  • ストーリーでわかる財務3表超入門
    財務諸表がわかりやすく、ストーリー仕立てでするされています。
    ・アカウンティングとは?
    ・会計学ぶってなにすればいいの?
    というところからスタートした人にはとてもおすすめ。

    ここを入り口に専門的な内容に入っていけると暗記ではなく、
    理解しやすくなると思います。
  • 図解「財務3表のつながり」でわかる会計の基本
    会計初心者だが難しいと思っていた財務3表をいとも簡単に説明している点で、本書の価値は極めて高い。
    正味、知識量が多くて4回程読み返してみると全体像が理解し、ある地点から面白くなる。
    経営者になる方、ビジネスを語り合いたいと考える営業マンなどにオススメできる本。
  • ストーリーでわかる財務3表超入門
    タイトルに超入門とあるように、初心者が財務3表を学ぶのにうってつけの書籍。主人公が企業した会社の収支を計算しながら財務について学んでいくストーリーが、非常にわかりやすく、面白い。

    ストーリー上の実例は単純なパターンであるため、知識がある人には物足りないかもしれない。
  • 決算書がスラスラわかる財務3表一体理解法
    つながりが大切だという事が理解できた。
    分析の部分は、事例を何度もやってみないといけないと感じた。
    シーサイドとシャルマンを比較するなどをやってみたい。
  • 決算書がスラスラわかる財務3表一体理解法
    財務3表(P/L、BS、CS)の繋がりを簡単な仕分けを通して学ぶ事ができる。

    3表はそもそもどういう目的で作られたのか、何を意味しているのか良く理解できるので、簿記の具体的な方法論を学ぶ前に読むと理解が深まると思う。