國貞克則のレビュー一覧

  • 財務マネジメントの基本と原則―これ一冊で「使えるファイナンス」の真髄が身に付く
    【財務マネジメントの基礎を学べる素晴らしい一冊】
    財務マネジメントの本は、腐るほど出ているが、ここまで分かりやすく、実践的に活用できるような形で書いてある本はあまり存在しない。

    内容的にはそこまで細かくなく、減価償却費といった細かい勘定項目はなく、売上、原価、粗利益、販売費、管理費、営業利益といっ...続きを読む
  • 財務3表一体分析法
    財務分析初心者には最高の一冊。これから財務諸表を見ながら身につけていこうと思う。本格的に財務分析を始めるきっかけになった。
  • 図解「財務3表のつながり」でわかる会計の基本
    部下に「財務諸表が読めるようになるオススメ本」を聞かれ、買ってきた本。
    これはいい。職場に置いて、みんなに読んでもらおう。
  • 決算書がスラスラわかる財務3表一体理解法
    財務諸表の「作り方」ではなく「読み方」に主眼を置いた、会計の素人でも理解できる良書です。

    財務3表とは、言うまでもなく「貸借対照表(BS)」「損益計算書(PL)」そして「キャッシュフロー計算書(CS)」のこと。
    これらがどのように相互作用して成り立っているのか、その「構造」を理解することで、会社の...続きを読む
  • 決算書がスラスラわかる財務3表一体理解法
    分かりやすくて読んでて面白かった。
    5分の4くらいまではしっかり理解しながら読めたんだけど、新会計基準やらM&Aやら事業再生やらが出てきた辺りからよく分からなくなってきた。
    まぁよく分からなくなってきたのと、今自分に必要としない知識だったので吸収したい量が少なくなったから理解が出来なくなったこともあ...続きを読む
  • 究極のドラッカー
    研修でドラッカーを習ったので、読んでみようと購入。
    目からうろこ。あぁ、だからかってことがたくさんあった。迷った時に読むといいかも。別に経営者じゃなくてもいいし、リーダーでなくてもいい。
    働くことについて、うだうだ考える前に読むといい。
    なんだかんだいったって、この国の社会ではなく、この世界の構造な...続きを読む
  • 財務3表一体分析法
    財務3表の分析方法が初心者でも分かりやすいように
    丁寧に説明されていた。前作でもある『理解法』と
    続けて読むとより理解度が増すと思われる。

    後は、実際の有価証券報告書を読んで実践を
    積み重ねるだけ。
    本書には、Ecxelでの分析方法まで解説があったので
    本当に親切。

    しかし、本書の最後で怒濤のよ...続きを読む
  • 財務3表一体分析法
    同著者による「財務3表一体理解法」の続編。
    具体的な企業の財務諸表を取り上げ、「・・理解法」の内容を踏まえてその分析法を分かりやすく解説している。

    同内容の他の本と比べても分かりやすく、続編にありがちな全編の単なる焼き回しみたいなところもなくおすすめ。

    ただ全編の出来が個人的にはとてもよく期待し...続きを読む
  • 財務3表一体分析法
    財務3表一体理解法の続編。
    実際の企業の比較を用いて著者の「財務3表一体理解法」をさらに深く学ぶことができる。
  • 究極のドラッカー
    人間は機械と異なり、仕事量はすぐに何百倍にも拡大することが出来る。
    そんな人間を中心に考えた、人間がいかに幸せになれるかやどうすればうまく効率を上げられるかに焦点を当てた組織マネジメントを学べる。
    人間本位であるゆえに、感覚的な部分にもしっかり領分を与えるところが良い。
    さらに、企業の3つ目の目的と...続きを読む
  • 財務3表一体分析法
    これも課題図書として。
    前著がかなりいい印象だったので、
    課題でなくても読んだかも。

    3表のチェック項目を絞って、
    通常の理解から外れるケースを中心に、
    事例
    を通じて学ぶ形。

    いいです。
  • 決算書がスラスラわかる財務3表一体理解法
    財務諸表を体系的にお金の動きを感覚として理解をするにはとても良い本だと思います。
    会計マンには物足りないかもしれないが、ビジネスマンにはとても良いでしょう!


    調達 投資 回収

    過去 現在 将来

    これらの軸を財務諸表から見いだせるようになりたい、と思っている人(ビギナー)にはおすすめです。
  • 簿記の知識不要! 超高速・会計勉強法 ポイントは財務3表のつながりだ!
    財務三表について,各表の「つながり」に重点をおいた解説。
    あくまで、会計の「入門の入門」。
    「物を仕入れて売る」という流れに沿い,漫画の特性をフルに活かして解説されているので,わかりやすい。
  • ストーリーでわかる財務3表超入門
    ストーリー仕立てであることだけでなく、説明も、ステップごとに図が入って非常にわかりやすかった。

    簿記やら会計の勉強をする前に、これから入ると良いと思う。
  • 財務3表一体分析法
    前作品は財務3表の読み方という基礎編だったが、今回はそれを用いてどう分析するのか(会社間、年度間、事業間)という応用編。お金をどう集めて、それをどのように投資して、どのように効率的に売り上げに繋げて、どのように効率的に利益を産み出しているのか、事業全体のプロセスとしてどのようにお金が回っているのか、...続きを読む
  • 財務3表一体分析法
    うーん、これもいい。
    続編も単なる二番煎じではなく、イケテル本を書くってすばらしいなー
    有報とかに、図の表示をマストにしてほしいぐらい。絶対そのほうが投資家とかから見てもみやすいよね!
  • 財務3表一体分析法
    ベストセラーになった『決算書がスラスラわかる財務3表一体理解法』(朝日新書)の続編にあたる本です。

    前著は大きく捉えるといわゆる簿記の体系に沿っていましたが、本書は財務3表そのものに焦点を当てています。簿記が分からなくても理解できるという意味では、むしろ本書のほうがおすすめできます。事例も誰もが知...続きを読む
  • 財務3表一体分析法
    前作より本作のほうがわかりやすい。会計初心者にとってはやや難解ながら初級者~中級者の間を念頭においた内容は、財務分析の目的や手法をクリアに説明するうえで非常に良かったと思える。会計は実際出稽古みたいなもので場数を踏んでナンボ。ROEのデュポンシステムを主軸に、実例を用いて理解しやすいよう工夫されてい...続きを読む
  • 財務3表一体分析法
    財務諸表の読み方を会計の知識を前提とせずに解説してある.自分は簿記を多少勉強しているので断定はできないが,会計の知識は確かにそれほど必要としないであろうと思われる.
    レバレッジ比率,総資本回転率,当期純利益,ROEを中心に財務諸表から業種の特徴や経営の方針を読み解いている.電機メーカー,銀行,商社な...続きを読む
  • 財務3表一体分析法
    とても参考になった。体系的にB/S P/Lの読み方が書いてあってよい。やっぱり数字だけじゃなくて実際の経営をイメージするのが重要なんだよね