決算書がスラスラわかる財務3表一体理解法

決算書がスラスラわかる財務3表一体理解法

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

簿記を勉強しなくても会計の仕組みが理解できる究極の入門本。損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書の財務3表の「つながり」を、具体的な会社の事業活動を通して徹底的に解説。この著者独自の「財務3表一体理解法」を使えば決算書を読む勘所がたちどころにわかる。新会計基準やM&Aの仕組みも、すいすい理解が進む。これでライバルの企画書に差をつけられること請け合い。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
朝日新聞出版
掲載誌・レーベル
朝日新書
ページ数
239ページ
電子版発売日
2011年02月25日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
8MB

関連タグ:

決算書がスラスラわかる財務3表一体理解法 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年10月04日

    簿記や会計•財務の専門書に手をつける前に一読
    しておくべき本であると思う。
    貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書の3表のつながりをストーリー仕立てで利益、キャッシュの動きを分かりやすく解説している。
    項目名まで細かく覚えるというよりは3表上での利益、キャッシュの立ち振る舞いをざっくり理解す...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月29日

    つながりが大切だという事が理解できた。
    分析の部分は、事例を何度もやってみないといけないと感じた。
    シーサイドとシャルマンを比較するなどをやってみたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月06日

    財務3表(P/L、BS、CS)の繋がりを簡単な仕分けを通して学ぶ事ができる。

    3表はそもそもどういう目的で作られたのか、何を意味しているのか良く理解できるので、簿記の具体的な方法論を学ぶ前に読むと理解が深まると思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月29日

    財務諸表を全体的に俯瞰するというアプローチでとても分かりやすい良本でした♪
    過去に簿記の勉強もしていたのでサクサク読めましたが、勉強している時にこの本を読んでいればもっと理解が早かったと思います!
    簿記を勉強していなくても、十分理解できるように解説してくれているのでオススメです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月03日

    かなり昔に買って読んだのけれど、その時は全くよく理解できなかったのだが、
    経験を重ねて、色々と理解できるようになった。
    成長を実感。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月04日

    会社の経理や財務がわかっていいな人でも、興味があればわかりやすく理解できる良書。単純な会社例に沿って、本を通じて一貫した財務3表をつかうことで、ある場合の数字の動き方や理屈が理解しやすい。この本で財務3表の基礎を理解し、世の中で公開されている財務3表を読み解くことで、会社財務の独海力がつけられる。起...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月07日

    アカウンティング苦手なために、改めて一から復習を込めて呼んだ。財務3表がビジュアル的にどうつながっているのか、実際のシンプルな起業ストーリーと併せて学べるので理解が進んだ。

    アカウンティングを過去に学んだけれど、貸借対照表って?損益計算書って?という方にはもってこいの1冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月30日

    経営状況を把握するために必要な財務の基本BS,PL,CSについて、全体のマクロな俯瞰とお金の流れ、3表の繋がりを用いて素人に分かりやすく説明している。

    今まで難しい用語と数字の表にしか見えなかった決算書から、お金の流れ、財務状況を推測しながら会社の経営状況を見る習慣ができた。

    もっと早くこの書籍...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月16日

    詳しくはいずれ

    秀逸

    財務表のつながりが有機的に理解できます。
    続編も気になる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月07日

    財務諸表は貸借対照表(BS)、損益計算書(PL)、キャッシュフロー計算書(CF)の3つが「つながっている」ということがわかればすっきり理解できる、という内容の本。もっと難しい本かと思ったら本当にわかりやすかった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています