東京裏返し 社会学的街歩きガイド

東京裏返し 社会学的街歩きガイド

作者名 :
通常価格 968円 (880円+税)
紙の本 [参考] 1,078円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

これからの注目は「都心北部」だ! 『都市のドラマトゥルギー』から三〇年以上を経て、社会学者・吉見俊哉の新たな都市論が完成。これまでに東京は三度「占領」されている。一度目は徳川家康、二度目は明治政府、三度目はGHQによって。消された記憶をたどっていくと、そこに見え隠れするのは、日本近代化の父と称される渋沢栄一であった。本書の中核をなすのは、都心北部―上野、秋葉原、本郷、神保町、兜町、湯島、谷中、浅草、王子といったエリアである。これらは三度目の占領以降、周縁化されてきた。しかし今、世界からも注目される都心地域へと成熟している。まさに中心へと「裏返し」されようとしているのだ。詳細地図つきで街歩きガイドとしても最適。○「街を見失わないために、ゆっくり移動することの価値を復権させましょう。エンデが『モモ』のなかで示した時間論を、私たちは東京の街歩きにも活かしましょう。モモの冒険が「灰色の男たち」から人々の時間を取り戻す挑戦であったのと同じように、私たちの街歩きもまた、高度成長期以降の開発主義の東京から、再び人間的時間を取り戻す戦略を含むことになります」――吉見俊哉

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社新書
ページ数
352ページ
電子版発売日
2020年09月18日
紙の本の発売
2020年08月
サイズ(目安)
21MB

東京裏返し 社会学的街歩きガイド のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年02月13日

    路面電車を復活させるとか、高速道路を取り払うとか、もっと川筋や水上交通などをとか、面白い提言もたくさんあり、大学や渋沢栄一のことなども面白かったけれど、吉原の遊女たちの悲惨さ壮絶さや平将門のあたりはずっしりと重たくなった。どんな都市も多くの死の上に成り立っているのだから、避けても通れないわけだけれど...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年08月27日

    <目次>
    はじめに 「モモ」と歩く東京~時間論としての街歩き
    第1日  都電荒川線に乗って東京を旅する
    第2日  秋葉原-上野ー浅草間に路面電車を復活させる
    第3日  動物園を開放し、公園を夜のミュージアムパークに
    第4日  都市にメリハリをつけながら、古い街並みを守る
    第5日  都心北部で大学街と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています